この土日は、ここ数年では珍しく二日連続でスタジオリハでした。
まず土曜日はヨシダアキヒコくんのバンドのリハ。昼からでした。
Artery and Veinのリハはいつも日が変わる前後の時間なので、戸田公園のスタジオに真昼間に行くなんて十数年ぶり。
案の定、渋滞にハマって大変でした。
それを見越して早めに出発して、高速使ったのに結局10分くらい遅れちゃって
帰りは更に時間が掛かって、その後の予定がダメになっちゃった。
本当にどうにかならんのですかね、渋滞。
このバンドはフレットレスを使用してますが、今回はエフェクターはメインのボードを持っていって
先週購入したアナグマ製のケーブルを試しました。
c0035093_19412029.jpg

エフェクター通してるし、アンプも初顔合わせのものだったので、音が良くなったのかどうか
比較することはできませんでしたが、結構音の通りは良かったと思いましたね。

翌日は、かつてJSPで一緒だった蓮ちゃんのバンドの初リハ。
蓮ちゃんと言えば、彼をご存知の方なら解ると思いますが、ジャンル的には僕とはほぼ、いや、全くと言っていいほど被る部分がありません。
それでも自身のオリジナルバンドで是非一緒にと声を掛けていただいたので、僕も勉強させてもらうつもりで参加を決めたわけです。
この日はスタジオの場所が新宿ということで電車移動。
が、物凄く暑い日でして、ベースを背負って外出すること自体、やりたくないって思うくらいで(←)
どうがんばっても汗だくになるのが必至だったので、エフェクターボードを持っていくことを断念。
ZOOMのマルチだけベースのケースに入れてとぼとぼと歩いて・・・もう電車に乗ってからが大変で、汗が止まらないのね。
乗り換えるまで4駅進む間にタオルハンカチ一枚使えなくなるほどでした。
この日は出力にやや難があるXOTICさん(5弦ベース)でしたし、バッファは通してません。
エフェクターがひとつだけということはやや有利になりますが、
よく聞こえました。これは多分ケーブルのお陰だと思います。買ってよかったです。
B弦(5弦ベースの一番太い弦)がよく聞こえるんでやたら使ってしまいました。
初顔合わせのメンバーでしたが、思いの外仕上がってました。
もちろん細かいところは擦り合わせないといけませんし、個々のスケジュールの問題はあるでしょうが
初ライブまでそんなに時間は掛からないかもしれません。
なにより蓮ちゃんがとても楽しそうで(笑)良かったですよ。
c0035093_19412211.jpg


今週末は"クリィミーマミの曲をやるバンド"のリハがありますし、
月末にはアキヒコくんバンドの次のリハがありますし、
8月末にライブを控えた某シンガーのバックバンドをやる話があってその仕込みもしないと、ですし
来月いっぱいは思いの外忙しいです。
先月頭のChoco ANIライブの後は暇になるはずだったんだけど、嬉しい誤算ですね。

[PR]
# by CHDproduction | 2017-07-10 19:27 | playing the Bass | Comments(2)

帯に短し、襷にも短し

今、所有しているベースは4本あるんですが、それぞれにケースがあります。
ギグバッグ(厚手の緩衝材を加えた防御性の高いソフトケース)が2つ
セミハードケース(ハードケースに近い形状で厚手の緩衝材を加えて防御性を高くして軽量化を図ったケース)がひとつ
ハードケース(アタッシュケースのでかい版のような頑丈だけどとにかく重くて徒歩じゃ持ちたくないケース)がひとつ
セミハードケースは5弦ベースのXOTICさんの購入時に付属してきた専用ものですが、それ以外はギグバッグに入れて運搬しています。
このギグバッグがくたびれてきました。
2つのうちひとつは1991年にフレットレスを買ったときに購入したものなのでもう26年、
もうひとつは2004年にCELINDERくんを買ったときに買いましたんでそれでも13年使っているわけで
まあくたびれても仕方ないですね。
そこで新しくケースをひとつ買おうかなと思ってちょっと前からネットで物色していました。
で、吟味した結果、ちょっとお値段張りますが良さげなギグバッグが見つかったのでネットで購入。
数日後には届きまして、上機嫌だったのです・・・が
このケース、結構立派なリュックタイプのベルト(ストラップ)が付いているんですけど
・・・すっごく短いのです。
最長の長さにしてみても、背負ったらもうパツパツで、冬に厚着をしたらとても背負えないくらいなんです。
体格の良い人ならきっと背負うことすらできないでしょう。
パツパツなもんだから、かなり高い位置で背負うことになりますので、
頭の後からかなりの長さでにょっきりとケースが伸びている状態になります。
電車とか、乗り込むときには確実に引っ掛かりますよ。
ケース自体は良いものなので、非常に面食らいました。
これだけ立派なケースなのになんでベルトだけがこんななの・・・?
かといって自分でベルトを延長するような技術もありませんし、あったとしても
大事な楽器を入れるものなので下手にいじって背負っているうちにベルトがブチっと切れちゃっても困ります。
鞄の修理してくれるお店に頼めばいいのか、いや、ベースのケースなんて対応してくれるのかどうかもわからないし・・・
っていうか、そのままじゃ使えないってどういうことなのよ?って感じです。

そこでこのケースを作ったメーカーならなんとかしてくれるかなと思って、購入先のお店にメールで問い合わせてみました。
お店の方はすぐに電話してきて、確かにこれじゃ短くて使えないですねって言ってくれまして、メーカーに問い合わせてくれました。
そしたら・・・
「そういう仕様の商品なので何ともできません」
という回答だったそうです。
・・・ ・・・うん、わかるけどさ。
常識的な観点から見ても明らかに短すぎるベルトで、有料でもいいから何とかしてもらいたいって言ってるのに
何ともできませんってさ。
まあそういう修繕チックなことは受け付けないルールなのかもしれないし、いろいろ事情はあるんでしょうけど、
例えば「この店(メーカー)に持ち込めば修繕してもらえますよ」とかいう話でもよかったんだよ。門前払いとはなあ。
このメーカーはユーザーの側に立った商品開発してないってことだよね・・・。
ほぼほぼ使えない仕様の商品の開発にGOを出して販売しちゃうんだもんなあ。
若い頃、オモテの仕事で
「ユーザーが使い易い、運用しやすいシステムを設計・開発しなさい」って散々教育されたから
今どきまだこういう企業があるっていうのが驚きです。しかもメーカーで。
お店の方は、同じような商品と交換しますと言ってくれたんだけど、
かなり吟味して選んだから(ベルトの長さまでは調べられなかったけど)別のものって言われても・・・ってことで
申し訳ないけど今回は返品することにしました。
やっぱり実際に現物を見ないとこういう商品の買い物は難しいね。
あとは、もう少しがんばって高額な商品を選んだ方が固いってことかな。
まあ再びケースを吟味する楽しみができたってことは嬉しいっちゃあ嬉しいけどね。

[PR]
# by CHDproduction | 2017-07-07 19:47 | from Ordinary Days | Comments(0)

東大まで二往復

7月になったら暑いですね。
ついこないだまでスーツの上着を着てたんですけど、とてもじゃないけどもう無理ですな。

昨日は東京大学まで行って来ました。
c0035093_18374400.jpg

母校・・・ではありません(←)
前にもちょっと書きましたけど(2016年2月16日、2016年10月11日の投稿)、
飼い犬のおあげは自宅の近くに掛かり付けの動物病院があるのですが、それとは別に東京大学の動物病院の"患者"でして、
年に一度東大に行って再診してもらうことでそこからまた一年面診てもらえるという、そういう治療をしてるのです。
本来なら患者本人であるおあげを連れて行くのが普通ですが
おあげはとても気難しくて、長い時間車に乗せることが難しく、2年前に検査してもらうために二度連れて行ったきり。
(しかも二度目は病院の入口に着いた段階で嫌がって唸って怒って大変でした)
その後は、僕と細君で一年おきに"通院"して、先生のカウンセリングを受け、今後の治療法について話し合ったりしています。
そういうわけで、東大に行ったのはイレギュラーなカウンセリングも含めて今回が通算5回目(?)かな。
せっかくなのでキャンパス内を散策したり、学食で赤門ラーメン食べたりして東大を楽しんで来ることにしています。
c0035093_18374585.jpg

今回も診察が済んで、次に来るのはまた一年後かあ~なんて言いながら帰途につきました。
渋滞も無く、自宅近くまで戻ってきた時、ふとスマホが気になって鞄の中を探してみたんですが・・・無い。
細君に電話してもらっても車の中に電話の音は鳴らず、東大に置き忘れてきたことがはっきりしました。
これまで携帯をどこかに置き忘れたことなんて一度も無いので、呆然。
置き忘れた場所は特定できたので、細君に電話してもらって、病院の受付の方に探してもらいました。
そのとき時刻は16時半を過ぎていて、東大を出て既に一時間以上経っていたので半ば諦めていたのですが、ありましたと。
スマホが無いと私、通勤もできませんので、そのまま東大にトンボ返りしました。
一年後どころか、二時間後にまた東大を訪れることになるとは・・・まあ滞在時間は5分くらいでしたけど。
帰りは渋滞に巻き込まれて二倍も時間が掛かってしまい、後の予定も台無しになってしまいました。

今回は置き忘れたところにスマホが残っていたから良かったものの、誰かに持って行かれちゃったらと思うとゾッとします。
ほんと、気をつけないとね。

[PR]
# by CHDproduction | 2017-07-06 18:35 | from Ordinary Days | Comments(0)

週末土曜日にライブを見に行ってきました。
久々のSLUM ROSE。昨年末に下井草でアコースティック版を見て以来。
爆音版(通常版)は昨年9月の横田基地での日米友好祭以来かな?

SLUM ROSE主催イベントでした。20回目だって。すごいですね。
昨年はArtery and Veinで出演させていただきましたので、巣鴨に行くのもそれ以来ってことですか・・・一年早いな。
例によって"センジ"でラーメン食べてから行きまして、最初のバンドは見られなかったんですが
全体を通して、楽しく見させていただきました。
トリ前のバンドのステージが始まる前に、明らかに僕より歳が上のお客さんがどっと入ってきまして、
男性はリーゼントにしたりしてるから「?」と思ってたら矢沢永吉のカバーバンドで、あーそれでか・・・と納得。
皆さんノリノリで踊ってタオル投げ上げて、そのバンドのステージが終わるとどっと捌けて行くというね(笑)
まあ集客力のあるバンドのステージはそういうモンです。
昨年はベイシティローラーズのカバーバンドが出たんですよね。
SLUM ROSEの夏樹さんに聞いたら、カバーバンドを呼ぶのは狙ったわけではなかったそうですが
イベントの中にひとつ本格的なカバーバンドが入っていても面白いですよね。
個人的にはやはり2番目の女性ボーカルのバンドに興味持ちましたね。
ポップロックなんだけど、歌い回しにどこか演歌を感じるなあと思ってRukaちゃんに訊いてみたら民謡やってた人らしい。
残念ながらそのボーカルさんはあと数ヶ月で脱退するそうで、まあいろいろあるんでしょうな。

SLUM ROSEは、あとから聞いたら体調万全じゃないメンバーばかりだったそうで、確かにそう感じる部分がありましたが総合的には良かったと思います。
ドラムがツーバス(ツインペダル)バンバン入れてくるし、いつもより全体的にテンポが速かったけど
このバンドはドラムはサポートでライブのたびにドラマーが変わるので、今回はこういう感じなのねと思って見てました。
主張が強いタイプのドラマーさんで、もう少し時間を掛けたらバンドとして固まるかなという感じでしたが、このドラマーさんのサポートは今回で最後だそうで。
大人になってバンドを続けるってのは大変だなって改めて思いますね。
あ、SLUM ROSEは今年も日米友好祭の出演が決まったそうです。2年連続出場・・・やりますね。

ライブハウス内での打上げの後、居酒屋で朝まで飲みました。
ちょっと声が枯れてたんで、結構しゃべったんでしょうね(←)
7時くらいに帰宅して、すぐ寝りゃよかったんだけど、
出掛ける細君を見送って、おあげにご飯あげたりしてぐだぐだしてたら昼くらいになってしまって
そこから眠ったので結局この日は何もできませんでした。
いつもなら、余所様のバンドのライブを見たら「俺もライブやりたいなあ」と思うんですけど
今回はそうでもないですね(笑)
こないだの自分のライブのあと、何かのスイッチがOFFになったままなんですな。
それでもベースの弦とか何故かカポタストを買ったりしてるんで、やる気はあるみたいです(笑)。

[PR]
# by CHDproduction | 2017-06-19 18:48 | in the Music World | Comments(0)

日数が開いてしまいましたが、6月2日のアニソンライブイベント「Choco Ani vol.9」終わりました。
見に来ていただいた方々、本当にありがとうございました。

結構、お客さん、入ったよね・・・。
3時間に渡る長丁場のライブだったわけですけど、ライブ冒頭や途中にカラオケでのステージがありましたので
我々バックバンドは完全な出ずっぱり状態ではありませんでした。
途中、もしかしたら30分くらい楽屋待機してたかも。
前半はだいぶ硬くなってました。
ここんとこライブの回数が激減しているので感覚が取り戻せない状態・・・その焦りが更に焦りを呼ぶ、みたいな。
照明の関係で譜面が全く見えなくなるという事態もたびたび起こり、嫌な汗をだくだくかきながらの前半でした。
楽屋待機中にだいぶ気持ちを切り替えることができ、後半は燃えましたね(笑)
まあ戦隊モノの曲が続いたってのもあって、イケイケでした。
ゲストのYoffyさんのステージも、申し訳ないくらい楽しんでしまいました(←)

<<セットリスト(バンド演奏の曲のみ)>>
●本編
01)狂乱 Hey Kids!!
02)さぁ
03)嘘
04)アイネクライネ
05)イマジネーション
06)欲望に満ちた青年団
07)世界は恋に落ちている
08)モノクロのキス
09)革命デュアリズム
10)Summer Song
11)甲賀忍法帖
12)DOWN TOWN
13)Rage on
14)動物戦隊ジュウオウジャー
15)VAMOLA!キョウリュウジャー
16)Magenta Another Sky
17)DAN DAN 心魅かれてく
18)God Knows...
19)前前前世
20)READY STEADY GO
21)Go!!!
●ゲストコーナー(Yoffyさん)
22)precious time, glory days
23)アニメじゃない
24)GET WILD
25)特捜戦隊デカレンジャー
26)侍戦隊シンケンジャー

これまでやったことのないライトハンド・・・ではなくタッピングもやりましたし、ランニングベースもやりました。
数ヶ月前に知り合いのブログで知って聴いてみたら涙が止まらなかった「アイネクライネ」や、
昨年大ヒットした「前前前世」を弾くことになるとは思ってもみなかったし。
何と言ってもYoffyさんご本人のボーカルでデカレンジャーとシンケンジャーを弾かせていただけたのはもう最高ですね。
実はYoffyさんの後ろで弾くの3回目だったんですが(ご本人は覚えていらっしゃいませんでしたが)
今の僕の中の"特撮大ブーム"は5年位前の宇宙刑事ギャバンの復活から始まったものなので、
前回Yoffyさんとご一緒したときまではデカレンジャーもシンケンジャーもよく知らなかったんです。
でも今回は完全に理解した上での演奏ですんでね。そりゃあ感激もひとしおですし、楽しいに決まってるでしょう(笑)
c0035093_01020829.jpg

c0035093_12545260.jpg

↑蓮ちゃんとQooちゃんも見に来てくれた!
(photo by 蓮ちゃん)

まあしかしながら、今回はいろいろと思うところがありました。
それは自身の実力についても、とりまく環境についても、「業界」についても。
なもんで、このあと僕はまた例によってライブの予定は無いんですけど、それならそれでもいいかなっていう心境です。
この前までは、知り合いのバンド活動が好調だったり、たくさんライブしているのを見て「俺もやらないと」って思ったりしてたんだけど
今は、どうしてもライブやりたい、やらなくては!っていう感じでもないんだよな。
いや、少し時間が経ったらまたライブやりたい~って思うようになるのかな?どうだろう?
もちろん、ベース弾くのを辞めるわけではないですから、
ライブの機会があればやりたいですし、ご依頼があればこれまで同様喜んでお引き受けしますよ。
音楽でやりたいこともまだまだあるんでね。

[PR]
# by CHDproduction | 2017-06-06 12:50 | playing the Bass | Comments(0)

こないだの日曜日、6月2日のアニソンライブイベント「Choco Ani vol.9」の二回目のリハが行われました。
先週は結構ギリギリなタイミングでスタジオに到着したので、久々の幡ヶ谷を楽しむことができなかったのですが、
今週は1時間以上余裕を持って到着しました(早すぎ?)。
以前は、美味しいカレー屋さんがあって毎回リハの前に食べてたのですが、今回はリハの開始時刻が18時と微妙な時刻でして。
食べ物屋さんって、15時~17時半くらいまで休憩に入って「準備中」になっている場合が多いんですね。
確かにリハは18時からだけど、17時半に店に入って20分くらいで食べてスタジオに向かって・・・というのでは全然ご飯を楽しめないですよね。
なもんで、17時頃、開いているお店を探して幡ヶ谷を探索、そして見つけたのがこのラーメン(つけ麺)
c0035093_20263447.jpg

牡蠣ですよ、牡蠣!このお店は牡蠣のラーメンが売りなんです。
なにより驚いたのは店内の内装。客が僕しか居なくて写真撮れなかったけど、高級感溢れるお高いカウンターバーみたい。
味はね~すげー美味かったんだよ。
何となくつけ麺にしちゃったけど、ラーメンも食べたいなあ。
今回のイベントのリハはこの日が最後だったから、次はいつ食べられるかなあ・・・。

さて、本題のリハですが・・・ああ、ラーメンの写真は撮っておきながら肝心のリハの写真を撮り忘れるという失態を・・・まあいっか(笑)
ギターの平野さんが渋滞に巻き込まれて結構遅れていらしたんですね。
でも、なんとこの日のリハは5時間スタジオを押さえてありまして。
いつもだと全曲一度通して終わってしまうところ、曲によっては何度か確認しながら演奏することができたんです。
しかしまあ・・・5時間ってのは結構長いね(笑)
あっという間って言えばその通りなんですよ。気持ち的には。
だけど、さすがにラスト30分くらいは集中力が落ちてきちゃったかなあ。
もちろん何度か休憩はとってもらったんですけど、基本楽器背負ったまま立ちっぱなしですしね。
まあいっぱい弾いたな!って感じですかね(笑)
次回があるとして、リハ時間は従来どおり4時間と今回のように5時間とどっちがいい?って訊かれたら・・・5時間の方がいいかな。

で、そのイベントは今週金曜日です。
平日ですけど、皆さんにお会いできるのを楽しみにしています。

***** GAVAN=CHDのライブ予定 *****
---------------------------
日にち:2017年6月2日(金)
イベント名:Choco Ani vol.9
場所:新宿Ruido K4
開場:18時00分
開演:19時00分
チケット:2,500円+1ドリンク(600円)
ゲスト:Yoffyさん(ex サイキックラバー)
詳細:
元サーカスの卯月節子さんの生徒さんたちによるアニソンライブイベントです。

[PR]
# by CHDproduction | 2017-05-30 20:14 | playing the Bass | Comments(2)

先日、来月2日のアニソンライブイベント「Choco Ani vol.9」の一回目のリハが行われました。
いよいよ始まった~って感じですかね。
バックバンドの件はMTMよりいただいたお話ですけど、
今回はMTMのイベントではなく、元サーカスの卯月節子さんの生徒さんたちによるアニソンライブイベントです。
こういうイベントのバックバンドで弾かせていただくのはかれこれ1年半ぶりで、とても楽しみにしていました。
と言っても、前回の頃とはオモテの仕事の職場が変わってしまい、それに伴って生活パターンも変わり
仕込み(要するに練習すること)の時間が以前ほど取れなくなっているので、正直、大変でした。
細君にもがっつり協力してもらって、家のことは極力やらなくていいようにしてもらって
リハの当日の出掛けるギリギリまで作業をしていましたしね。

幡ヶ谷のこのスタジオに入るのも1年半ぶり。
c0035093_19444776.jpg

MTMの山崎さん、ギターの平野さんに会うのも1年半ぶり。
思い起こせば今回使用するベース、XOTICさんは
前回のMTMライブで某偉い方から「ベースの音、もっとなんとかならないのか?」って言われたのがきっかけで改造したんですが
それからライブしてないよね。(スタジオに入って弾いたことは何度かあるけど)
1年半待ってようやく日の目を見ます。
さらに、先月発注していたクリーンブースターが届いたのでエフェクターボードに組み込み"初鳴らし"でした。
そんなわけで、単に久々っていう他に、試してみたいこともあったりしたので、余計に楽しみだったんですね。

毎度のことながら一回目の"リハ"って、山崎さん曰く「リハーサル」ではなく「リハビリ」の"リハ"
ということで、いろいろ察しいただけるとありがたいのですが(笑)
僕は終始楽しくて4時間のリハはあっという間に終わってしまいました。
いや、実は結構な難曲やテンポが速い曲が多いし、
今までやったことない弾き方もしないといけなくて、ここ数年では一番大変だと思うんですけどね。
時間が無いから生徒さんが入れ替わり立ち替わりでどんどん演奏していきましたがそんな中、
ひとりの生徒さんが歌い終わったあと「すご~い!」「感動した~!」と何度も言うんですね。
恐らく、生のバンドで歌ったのが初めてだったのかな。
そう言えば僕も初めてバンドで音を出したときは本当に感動したっけなあ。
その感動をずっと忘れずに歌を続けていってくれたらいいなあと思いましたね。

毎度のことながら課題だらけのリハになりましたが、
次回までには解決してもっと楽しく弾けるようにしないとね。

***** GAVAN=CHDのライブ予定 *****
---------------------------
日にち:2017年6月2日(金)
イベント名:Choco Ani vol.9
場所:新宿ルイード
開場:18時00分
開演:19時00分
チケット:2,500円+1ドリンク(600円)
ゲスト:Yoffyさん(ex サイキックラバー)
詳細:
元サーカスの卯月節子さんの生徒さんたちによるアニソンライブイベントです。

[PR]
# by CHDproduction | 2017-05-22 19:38 | playing the Bass | Comments(0)

前回の投稿で書きましたが、
元HIRYUのドラマーだった橘さんからお話をいただき、
橘さんの勤務先の高校の軽音楽部の合同練習に参加することになりまして、
13日にいよいよその当日となり行って参りました。

2年半ぶりに橘さんと再会し、学校の中に案内されて・・・すごいテンションあがりました(笑)
例えば選挙の投票とかで近所の学校に入ることがあってもせいぜい体育館とかでしょ。
何かの試験を受けたとしても大学の校舎を使うことが多いから高校の校舎なんて普通ならもう入ることはないわけですよ。
ましてがっつり教室に入るなんてね。

合同練習会は毎年行っている部活のイベントだそうで、今年は僕と、ギターの先生として蓮ちゃんがゲスト参加しました。
午前中は裏拍を鍛錬するオリジナルの課題曲があり
それを順番にセッション形式で演奏するという、まさに「合同練習」。
僕も2回ほど演奏させていただいて・・・弾きだす前はすごく見られてる気がしたんですが
一緒に演奏した蓮ちゃんが例によって(笑)裏拍あまり関係ない感じで超絶技の触りを披露したもんだから
生徒の皆さんの目は蓮ちゃんに釘付けで、ああちょっと助かったかもと(笑)
全員が(40人くらいいた?)2回ずつ演奏したあとお昼休憩。
我々ゲストは別の教室を用意していただいて、食事をとって・・・
せっかく学校に来たんだし、記念にそれっぽい写真を撮ってみました。
c0035093_20154526.jpg

SNSでも再三言ってますが、「しくじり先生」ではありませんよ。

午後はそれぞれのパートで練習です。
蓮ちゃんと僕も別々の教室でレッスンを行いました。
・・・ベースのレッスンのテーマはスラップということで、
一応内容は前もって考えてペラ一枚ですが教材らしきものも用意してきたんですけどね。
教えるの、すごく難しかったです。
スラップは4つの技があれば大概のフレーズは弾けますよ、という内容だったんですけど
やってみせて解説して個々で実践させて・・・というやりかたに終始してしまったことと
その場で思いついたことをつらつら話してしまってまとまりが無かったことが申し訳なかったなと。
後で聞いたら蓮ちゃんはギタリスト一人一人にちゃんと時間を割いて一人一人に合ったレッスンをしたということで
なにそれ理想的なレッスンじゃんって感じで(笑)練習の鬼の蓮ちゃんだからこその内容だったんですね。
そういえば、朝に生徒さんたちと顔合わせした直後から蓮ちゃんは生徒さんたちとフツーに話したりして
あっという間に溶け込んでしまっていたんですよ。
まあ彼は高校生の時分に学校に軽音楽部があったし感覚的に多少溶け込みやすかったのかもしれませんが
それにしてもそこら辺の対応力は彼のすごいところです。
僕は逆で積極的に輪に入ることができないタイプなので、ああいう場ではいつも独りになってしまいます。
良くないなと思ってはいますけど、性格的な問題なので今さら改善もされないでしょうし諦めてますが(←)
それでもがんばって2時間半くらいやりました。生徒の皆さんもがんばってついて来てくれましたよ。
みんな素直ないい子たちで、礼儀や態度といった部分でもきちっと指導されてるなっていう印象でした。

僕が高校生だった地域・時分には、軽音楽部なるものが存在していた学校はほとんど無かったし、
実際、僕の通った高校にもありませんでした。
まあ「イカ天」から始まるバンドブーム以前の話ですしね。
そもそも電気の楽器をやってるヤツはロクなもんじゃない、みたいな風潮が残っていて
僕みたいに標準型学生服しか着なかったような男でも
「エレキベースやってます」って言うとちょっと怪訝な顔されたりとか、本当にあったからね。
今はバンドの大会(コンテスト的な?)もあるそうで、単にバンドやってますっていうわけではなくて、
野球部が甲子園を目指すように公的に認められたきちんとした目標もあるのです。
何より、学校に楽器を背負って登校して、毎日堂々とでかい音を出してバンドが出来るなんて
本当に良い時代、良い環境だなあと思いました。
しかもあんなに可愛い娘たちと一緒にね(←)
男子高に通って、ベースを弾くことと「夕やけニャンニャン」を見ることが生き甲斐だった青春を送った男には本当に夢のようです。
それはもちろん世間のバンドに対するイメージが変わってきたということもあるでしょうが、
バンドをやってた我々世代の先生方が部活としてバンドをやることの問題を
がんばって少しずつ取り除いていった結果なんだろうなと思います。

元々教員志望だったこともあって、
実はこういう感じで部活に赴いてベースのレッスンするの、ずっとやってみたかったんです。
ひとつ夢が叶って良い思い出ができました。
僕が話したことが今後の生徒さんたちの演奏に役に立つものだったかわかりませんが、
少しでも得るものがあったとしたらとても嬉しいです。

***** GAVAN=CHDのライブ予定 *****
---------------------------
日にち:2017年6月2日(金)
イベント名:Choco Ani vol.9
場所:新宿ルイード
開場:18時00分
開演:19時00分
チケット:2,500円+1ドリンク(600円)
ゲスト:Yoffyさん(ex サイキックラバー)
詳細:
元サーカスの卯月節子さんの生徒さんたちによるアニソンライブイベントです。

[PR]
# by CHDproduction | 2017-05-15 20:10 | playing the Bass | Comments(4)