カテゴリ:from Ordinary Days( 296 )

帯に短し、襷にも短し

今、所有しているベースは4本あるんですが、それぞれにケースがあります。
ギグバッグ(厚手の緩衝材を加えた防御性の高いソフトケース)が2つ
セミハードケース(ハードケースに近い形状で厚手の緩衝材を加えて防御性を高くして軽量化を図ったケース)がひとつ
ハードケース(アタッシュケースのでかい版のような頑丈だけどとにかく重くて徒歩じゃ持ちたくないケース)がひとつ
セミハードケースは5弦ベースのXOTICさんの購入時に付属してきた専用ものですが、それ以外はギグバッグに入れて運搬しています。
このギグバッグがくたびれてきました。
2つのうちひとつは1991年にフレットレスを買ったときに購入したものなのでもう26年、
もうひとつは2004年にCELINDERくんを買ったときに買いましたんでそれでも13年使っているわけで
まあくたびれても仕方ないですね。
そこで新しくケースをひとつ買おうかなと思ってちょっと前からネットで物色していました。
で、吟味した結果、ちょっとお値段張りますが良さげなギグバッグが見つかったのでネットで購入。
数日後には届きまして、上機嫌だったのです・・・が
このケース、結構立派なリュックタイプのベルト(ストラップ)が付いているんですけど
・・・すっごく短いのです。
最長の長さにしてみても、背負ったらもうパツパツで、冬に厚着をしたらとても背負えないくらいなんです。
体格の良い人ならきっと背負うことすらできないでしょう。
パツパツなもんだから、かなり高い位置で背負うことになりますので、
頭の後からかなりの長さでにょっきりとケースが伸びている状態になります。
電車とか、乗り込むときには確実に引っ掛かりますよ。
ケース自体は良いものなので、非常に面食らいました。
これだけ立派なケースなのになんでベルトだけがこんななの・・・?
かといって自分でベルトを延長するような技術もありませんし、あったとしても
大事な楽器を入れるものなので下手にいじって背負っているうちにベルトがブチっと切れちゃっても困ります。
鞄の修理してくれるお店に頼めばいいのか、いや、ベースのケースなんて対応してくれるのかどうかもわからないし・・・
っていうか、そのままじゃ使えないってどういうことなのよ?って感じです。

そこでこのケースを作ったメーカーならなんとかしてくれるかなと思って、購入先のお店にメールで問い合わせてみました。
お店の方はすぐに電話してきて、確かにこれじゃ短くて使えないですねって言ってくれまして、メーカーに問い合わせてくれました。
そしたら・・・
「そういう仕様の商品なので何ともできません」
という回答だったそうです。
・・・ ・・・うん、わかるけどさ。
常識的な観点から見ても明らかに短すぎるベルトで、有料でもいいから何とかしてもらいたいって言ってるのに
何ともできませんってさ。
まあそういう修繕チックなことは受け付けないルールなのかもしれないし、いろいろ事情はあるんでしょうけど、
例えば「この店(メーカー)に持ち込めば修繕してもらえますよ」とかいう話でもよかったんだよ。門前払いとはなあ。
このメーカーはユーザーの側に立った商品開発してないってことだよね・・・。
ほぼほぼ使えない仕様の商品の開発にGOを出して販売しちゃうんだもんなあ。
若い頃、オモテの仕事で
「ユーザーが使い易い、運用しやすいシステムを設計・開発しなさい」って散々教育されたから
今どきまだこういう企業があるっていうのが驚きです。しかもメーカーで。
お店の方は、同じような商品と交換しますと言ってくれたんだけど、
かなり吟味して選んだから(ベルトの長さまでは調べられなかったけど)別のものって言われても・・・ってことで
申し訳ないけど今回は返品することにしました。
やっぱり実際に現物を見ないとこういう商品の買い物は難しいね。
あとは、もう少しがんばって高額な商品を選んだ方が固いってことかな。
まあ再びケースを吟味する楽しみができたってことは嬉しいっちゃあ嬉しいけどね。

[PR]
by CHDproduction | 2017-07-07 19:47 | from Ordinary Days | Comments(0)

東大まで二往復

7月になったら暑いですね。
ついこないだまでスーツの上着を着てたんですけど、とてもじゃないけどもう無理ですな。

昨日は東京大学まで行って来ました。
c0035093_18374400.jpg

母校・・・ではありません(←)
前にもちょっと書きましたけど(2016年2月16日、2016年10月11日の投稿)、
飼い犬のおあげは自宅の近くに掛かり付けの動物病院があるのですが、それとは別に東京大学の動物病院の"患者"でして、
年に一度東大に行って再診してもらうことでそこからまた一年面診てもらえるという、そういう治療をしてるのです。
本来なら患者本人であるおあげを連れて行くのが普通ですが
おあげはとても気難しくて、長い時間車に乗せることが難しく、2年前に検査してもらうために二度連れて行ったきり。
(しかも二度目は病院の入口に着いた段階で嫌がって唸って怒って大変でした)
その後は、僕と細君で一年おきに"通院"して、先生のカウンセリングを受け、今後の治療法について話し合ったりしています。
そういうわけで、東大に行ったのはイレギュラーなカウンセリングも含めて今回が通算5回目(?)かな。
せっかくなのでキャンパス内を散策したり、学食で赤門ラーメン食べたりして東大を楽しんで来ることにしています。
c0035093_18374585.jpg

今回も診察が済んで、次に来るのはまた一年後かあ~なんて言いながら帰途につきました。
渋滞も無く、自宅近くまで戻ってきた時、ふとスマホが気になって鞄の中を探してみたんですが・・・無い。
細君に電話してもらっても車の中に電話の音は鳴らず、東大に置き忘れてきたことがはっきりしました。
これまで携帯をどこかに置き忘れたことなんて一度も無いので、呆然。
置き忘れた場所は特定できたので、細君に電話してもらって、病院の受付の方に探してもらいました。
そのとき時刻は16時半を過ぎていて、東大を出て既に一時間以上経っていたので半ば諦めていたのですが、ありましたと。
スマホが無いと私、通勤もできませんので、そのまま東大にトンボ返りしました。
一年後どころか、二時間後にまた東大を訪れることになるとは・・・まあ滞在時間は5分くらいでしたけど。
帰りは渋滞に巻き込まれて二倍も時間が掛かってしまい、後の予定も台無しになってしまいました。

今回は置き忘れたところにスマホが残っていたから良かったものの、誰かに持って行かれちゃったらと思うとゾッとします。
ほんと、気をつけないとね。

[PR]
by CHDproduction | 2017-07-06 18:35 | from Ordinary Days | Comments(0)

キモいおじさん上等

4月になって、本日よりコートを着るのを止めました。
近所の桜の名所もほぼほぼ満開となり、良い季節となりました。
・・・なんだけど、思い起こすと毎年この時期は精神的に不安定なんですよね。
十数年前に身体壊して入院したりしたのがきっかけかなあ。
精神的な病気って訳ではないんでしょうけど、どかんと落ち込む日がちょいちょいあるんです。
なので、どうも満開の桜を見ても「きれいだなー!よっしゃラッキー!(←この台詞わかる?w)」という感じにはならなくて
どこか物悲しい気分になってしまいます。なんでだろうね。やはり「老い」かしら。

そんなことがありつつ、今年も春の特撮の映画、観てきましたよ。
特撮ヒーローの映画は春、夏、年末、年明け、と年に4回あるのかな。ここ5年くらもはや年中行事いは毎回観てます。
以前は、この手の映画をひとりで観に行く大人なんて気持ち悪い存在だと思ってましたが、自分がそうなってしまいましたね(笑)
仮面ライダーがメインの映画ですが、今年は久々のヒーロー大戦・・・要するに仮面ライダーと戦隊ヒーローがわんさか出てくるヤツね。
ストーリー上、時間も空間も違うたくさんのヒーローが一同に会するので、大体強引な話でお祭り映画くらいにしかならないんですが
今年はまずますだったのではないかしら。
そりゃ突っ込みどころ満載なのはもちろんですけど・・・。
実質的な主役は、現在放送中の仮面ライダーエグゼイドの"2号"ライダーである鏡飛彩(かがみ ひいろ)先生(←医者なので)と
こないだまでやってたジュウオウジャーのアムですかね。
これまた現在放送中のキュウレンジャーのナーガもキーになる役で良かったです。
戦隊側の、しかも女性が主役扱いって、少なくともここ数年は無かったですよね・・・?
アムが活躍すると当然その変身後のジュウオウタイガーも大活躍なわけで、スーツアクター(アクトレスか)の下園愛弓さんの出番が多くなります。
下園さん・・・結構ファンなんですよ、僕(笑)いや、あのね、凄いんですよ。スーツアクターって。
いつぞやも書いたと思うんですけど、戦闘シーンはもちろんですが、ダメージを受けたときとか、見てわかるじゃあないですか。
何より変身前のキャラクターの女の子のかわいらしさを動きだけで表現するって凄いことだと思いませんか?
そういった意味ではキュウレンジャーのラプター283を演じている五味涼子さんとか、ずっと戦隊の「ピンク」を演じてきた野川瑞穂さんとか正に名人芸(芸って言っていいのか?)ですよ。
声はアフレコで当てているんですけど、本当にジュウオウタイガーがしゃべっているようにしか見えないもん。
いつもは公開日からだいぶ経ってから観に行くのでガラガラなんですが、今年は久々のちびっ子に囲まれての鑑賞になりました。
ちびっ子たちと、その親たち(といっても僕よりはるかに若い)。
こりゃ騒がしくなるかなあと覚悟しましたが、終始無駄話も無く、もちろん泣いたり騒いだりも無く、実に良い子たちでしたね(笑)。
お陰でおじさんはじっくりと映画を楽しめましたよ。

さて、ここのところの投稿にあるように、5月3日にArtery and Veinのライブがあります。
昨年の7月以来のライブです。ほんとに嬉しいんです(笑)
場所は西川口のHEARTS。
連休中だし、僕が次にライブできるのがいつになるか全然わからないんで、見に来ませんか?
もう少ししたら詳細をお知らせできると思います。

***** GAVAN=CHDのライブ予定 *****
---------------------------
日にち:2016年5月3日(水祝)
バンド名:Artery and Vein
イベント名:Power of Groove
場所:西川口 HEARTS
詳細:未定

[PR]
by CHDproduction | 2017-04-07 19:54 | from Ordinary Days | Comments(0)

あいつら狙ったでしょ!

先週末はArtery and Veinのリハがあり、夕方から車で出かけたんですけど
ある2車線の幹線道路の左車線を走っていて渋滞に巻き込まれてしまいました。
短い時間でしたが完全に止まってしまい、動き出すのを待っていると、パラパラと車の屋根を打つ音が。
雨が降ってきたのかと思ったけどフロントガラスに雨粒が落ちた形跡はありません。
「あれ?」と思っていると更にパラパラの音は続いて、屋根に何かがどんどん降ってきてる模様。
体を乗り出して窓から上空を見るとそこには・・・電線にびっしり止まっているものすごい数の鳥!
ということはこの音は・・・もうお分かりですね。大量の鳥の糞でした。
避けたくても渋滞で全然動かないし、どうしようもありません。
一刻も早く洗車したかったんですが、スタジオの時間に間に合わなくなるので
途中のコンビニでウェットティッシュを買ってスタジオの駐車場で拭き取り作業。
本当にびっくりするくらいかけられてました・・・この時期って花粉とか黄砂とかでそうでなくても車って汚れているんですけど
中途半端にウェットティッシュで拭いちゃったから変に拭き跡が残って、見た感じものすごく汚い車になってしまいました。
うまい具合に昨日、今日の雨できれいになりましたけど、あの道ヤバいなあ!
もう何年も前から普通に通っていた道で、今までこんな事無かったのに・・・まあ渋滞にはまった位置と時刻がたまたま悪かったんでしょうね。
でももうこんなのはごめんだなあ。右車線を走ればいいのかなあ。それともちょっと遠回りしても別の道を使おうかなあ。

***** GAVAN=CHDのライブ予定 *****
---------------------------
日にち:2017年5月3日(水祝)
バンド名:Artery and Vein
イベント名:Power of Groove
場所:西川口 HEARTS
詳細:未定

[PR]
by CHDproduction | 2017-03-14 20:08 | from Ordinary Days | Comments(0)

A型でした

二週間近く空いてしまいました。
実は10日ほど前に、人生初のインフルエンザに罹ってしまいまして。
「今年の運勢良くないんだよな~」なんて言ってたら本当に厄介なことが起きてしまいましたよ。

年明け早々細君が風邪ひいたと言って、寒気がして熱が上がって・・・っていう状態だったんですが
元々「風邪なんて平気平気」っていうタイプの人なので重症には見えませんで、
普段はなかなか行かない病院に行ってみるっていうから珍しいなと思ってはいたんですが
まさかのインフルエンザ。A型ね。
その日の夜からお互いにマスクしたり、部屋を分けたりしてみたものの時すでに遅し。
ばっちり移ってました。翌日の夕方くらいから急激に熱が上がり始め、僕も寝込んでしまいました。
インフルエンザって風邪のキツいヤツでしょ、ぐらいにしか思ってなかったんだけど、冗談じゃあない。本当に辛かった。
体力が無い人は命の危険もあるよっていうのがよくわかった気がします。
僕の症状は強烈な悪寒と頭痛とだるさ。がんばって病院には行きましたけど、何もしたくない(できない)状態で寝床から出ることもままならず。
食欲も無くなって、水分は摂らないといけないって言うから水だけは飲みましたけど、丸二日間、食べられませんでした。
タミフルが効き出してからは徐々に食欲も出てきて・・・あんなにうどんが美味いって思ったことなかったなあ。
結局三連休も丸々潰れ、仕事も二日間休みました。
もうホント、酷い目に会いました。二度とごめんです。来期は必ず予防接種受けます。

で、僕も細君も気がかりだったのは、おあげにインフルエンザが移らないのかなってこと。
狭い家の中にインフルエンザ患者が二人も居たので、生物学的に移るなら絶対に罹ってますよね・・・?
まあ、何ともなかったみたいなので、犬には移らないってことでいいのかな?

[PR]
by CHDproduction | 2017-01-17 19:58 | from Ordinary Days | Comments(0)

新年のご挨拶2017

遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

昨日から仕事は始まってますが、ちょっとした問題があったりして新年早々休憩ほぼ無しでぶっ通し仕事してました。
お陰で正月気分など微塵も残っておりません。

さて年末年始の休暇は12月30日からだったんですが、毎年のことながら年末年始は細君が仕事でして
テレビを見たり買出しに出かけたりすると正月なんだなあと思いますが、我が家には年越し・正月らしいことはほとんどありません。
餅もおせちも食べませんし、玄関のドアに飾りを付けるとか、大晦日の夜に紅白見て蕎麦を食べるとかくらいかな。
なもんで、僕は買出ししてしまうとあとはひたすら留守番でして
普段は独り留守番ばかりで寂しそうなおあげもこの数日間は僕が在宅しているので機嫌も良くのんびりしてました。
c0035093_19541441.jpg

c0035093_19542285.jpg

c0035093_12124188.jpg


今年は運勢が実に良くないらしいんでいろいろと慎重にしたいと思っています。
実際、初詣でおみくじ引いたら二回連続で「凶」でしたからね。連続って逆にすごいけど(笑)
昔から結構「凶」引きがちなんですよね。さらにネットでおみくじ引いてみても「凶」。なんなのよこれ。
「悪いことが起こるということではありません」って言うけど、やはり気分のいいものではありませんな。

年頭にあたり、とりあえず音楽活動を再開したいですね。
だらだらしてるとあっという間に歳を取ってしまいますからね。
あと、少しずつでいいから物事を前向きに考えられるようにしたいです。連続「凶」をどう前向きに捉えたらいいかわかりませんが(笑)
偏屈なじいさんにならないように今からいろいろ変えていかないとなあ。
もうそういう歳ですから。トシオトコなんでね。

平和で穏やかな一年になりますように。

[PR]
by CHDproduction | 2017-01-05 19:54 | from Ordinary Days | Comments(2)

暮れのご挨拶2016

2016年もまもなく終わりです。

今年は前半、夏まではポンポンとライブがあって、それなりに音楽活動できましたが
後半は全く何もできませんでした。
その反面、知人のバンドはどこも順調で取り残された感に苛まれた半年でした。
こうやってみんな徐々に音楽を辞めていくのかなあと思ったりもしましたが
まだ辞めたくないので、もう少しあがきます(笑)

もちろん悪いことばかりではありませんでしたが
来年は(音楽活動に限らず)全体的に良い方向へ方向転換したいですね。

皆さん、良いお年をお迎えください、ね。



[PR]
by CHDproduction | 2016-12-31 17:14 | from Ordinary Days | Comments(2)

師走Days

毎年毎年、年末ってなんでこう忙しいんですかね・・・。

そんな忙しい中、先週はいろいろあったので書いておきます。

12月12日(月)
映画「JACO」を観に行きました。
知っている人はよく知っている"ベースの神様"ジャコ・パストリアスのドキュメンタリー映画です。
有名なミュージシャンがインタビューでわんさか出てきます。
ジャコの生涯については有名ですし、本も読みましたし、作品もいくつか持っているので
そこそこ知っているつもりでしたが、
改めて映像で演奏している姿を見ると、やっぱりね、良くも悪くも普通じゃないよなって思います。
(そういう場面を選んで映画にしたのかもしれないけどね)
天才であるが故の苦悩、なんてたまに耳にしますけど、まさにそれ。
周囲のミュージシャンも、リスナーも全く新しい形のアーティストの登場に驚き、
高揚したにもかかわらず、時代とビジネスがついていけず受け入れられなかった。
その悲哀と焦燥がスクリーンの中から伝わってくるようで"心の中で泣けた"作品でした。
一方で登場するあらゆるミュージシャンからの賞賛の言葉を聞くたびに
同じ楽器奏者である誇りを感じずにはいられませんでしたね。
バックで流れるジャコの音楽で、聞いたことがなかったものもあり、改めてCD買ってみたりしてます。

12月14日(水)
学生時代の先輩であり"孤高のジャズギタリスト"Gary長山さんの師匠である
東海林由孝さんのライブを観に行きました。
ギター、ベース、ドラムのお三方による演奏と
おしゃれなお店の雰囲気とが相まって、とってもゆったりとした豊かな時間を過ごすことが出来ました。
Garyさんとも一年ぶりに会ったんですが、ここで思わぬ情報を知らされました。
4日後の18日に、学生時代に所属していたサークルの創設40周年式典があるという。
5年おきに行われているイベントですが、3年前に引越してしまったので僕のところには連絡が来なかった模様。
Garyさんから連絡先を教えてもらってメールで問い合わせたところ、参加しても大丈夫ということで
ギリギリで出席することになりました。

12月17日(土)
音楽とは全く関係なく、毎年恒例、仮面ライダーの映画を観に行きました。
今回は9月に最終回を迎えた仮面ライダーゴーストが主役、現在放送中の仮面ライダーエグゼイドが準主役って感じでした。
去年の映画(仮面ライダードライブ&ゴースト)もなかなか良かったわけですが
今年はストーリーもさることながら、ウィザード、鎧武、ドライブも登場、
さらにさらに、ウィザードとドライブは、変身前の操真晴人、泊進ノ介もちゃんとストーリーに絡んで
がっつり変身シーンも見せてくれて、決して取ってつけたような扱いになっていないという、
かなり良く出来た内容でした。
ドライブに関しては本編最終回でベルト自体がもう取り出せないところに封印されているので
どうやって変身するんだよう!と思っていたんですけど、
なるほどね、"神様"になった鎧武ならなんでも出来ちゃうからベルトを持ってくることが可能なわけね。
ずるい・・・けど上手い(笑)
仮面ライダー5人が並んで(鎧武は変身した状態でのみで出演)横並びで一斉に変身するのは圧巻!でした。
見終って、さて帰ろうかなと思ったら、スクリーンの前に立った人(多分映画館の従業員かイベント企画の人)が
「これからイベントを行いますのでお時間ある方は是非残ってください」と言うんですね。
お時間無かったけど(笑)残ったらなんと!仮面ライダーウィザードとエグゼイドが現れました。
c0035093_20305503.jpg

c0035093_20305707.jpg

c0035093_20305997.jpg

最初はスクリーンの前でポーズを決めてたんですけど、
客席の間の通路を上がってきてちびっ子と握手したり写真を撮らせたり。
僕はほぼ真ん中の席に居たのですが、まさかあんな近くで仮面ライダー2人を見られるなんて思いも寄らなかった。
ほんとにラッキーだったなあ~。
近くで見るとめちゃめちゃかっこいいですよ!
出口でも2人が見送ってくれたので、とりあえずウィザードとは握手しました(←)

12月18日(日)
で、前出のサークルの40周年記念式典です。
キャンパスに行くこと自体が5年ぶりになるわけですが、
今回は地下鉄を使わず、巣鴨駅から学校まで歩く"巣鴨歩き"で向かいました。
途中で"千自(千石自慢らーめん)"を食べる魂胆でしたが、昼時で混んでいたので断念。
正門から見るとまた建物が増えていて、かつてこの地で我々と一緒に過ごしたモノは全くありません。
このイベントは昼間はOB、現役のバンドがライブを行います。
c0035093_20330679.jpg

↑このフラッグ、僕が現役の頃から使ってるやつなんですよ。
代々受け継がれているんですね。感激だなあ。
今年は(今年もか)僕の先輩方のバンド、SLOW CLUBが出演するって言うので楽しみにして行きました。
ライブはすごい良かった・・・。おふざけ無しでしっかりオトナの先輩感を出してました。
現役も含めて若い子たちのバンドはすごく上手いんですよ。
今の若い子はみんなこんな上手いのかしら?
僕が卒業して何年も掛けて習得したものを、あっさり身に付けてる感じ。
すごいよなあ。
ライブの後、でかい学食(っていうのも気が引けるほどきれいでおしゃれ)で立食パーティがあって
なぜか本格的なカレーをたらふく食べました(笑)
今回は僕の知っている後輩は参加者ゼロ。同期もゼロ。ひとつ上と二つ上の先輩がひとりずつで
僕が1年生の時の4年生の方々とその上の方々で固まっていたので、
要するに名前くらいしか存じ上げない先輩方と一緒にいたということなんですね。
久々の"下っ端"を味わいました。
その後居酒屋に行ったんですけど、とりあえずワリ勘して、会計してくれた先輩が
「おーい、この中の最年少誰だ?」というので、何かあったかと思って「ハイ、俺です」と言ったら
余った小銭をくれたんです。
昔はこういうことはよくあったけど、まさかこの歳でね(笑)
いつになっても先輩はかわいがってくれるし、後輩は立ててくれるし
本当に先輩・後輩には恵まれてるなって思います。
小銭も元気もいただきました。
今年もあと一週間。がんばって乗り切ります。

[PR]
by CHDproduction | 2016-12-22 20:20 | from Ordinary Days | Comments(2)

今の職場は京浜急行沿いの川崎と蒲田の間ぐらいのところにあるんですけど
このたび会社自体が移転ということで、今週に入ってフロアに段ボール箱が溢れております。
僕がここで働くようになったのは13年半前で(まだ独身だったなあ)ずーっと同じフロア、同じ席で仕事をしています。
たくさんの方がやって来てはいつの間にか居なくなって僕より古い人は数えるくらいしか残っていません。
引越すに当たって自分の席の机の中身を整理したんですが、それこそ13年前に作成した書類とか
わんさか出てきてびっくりです。
確かに、紙類はほとんど処分することは無かったから、古い書類が残っていても不思議じゃあないんですが
逆によく引き出しに全部収まってたなと。
奥のほうからは2005年度版のIT用語辞典が出てきて、
開いてみると「ISDN」とかの説明が書かれていたりして(笑)
この頃はまだ会社のパソコンがネットに繋がっていなかったから
調べ物は自分で買ってきた本でやるしかなかったのよね。
だから当時のSE(システムエンジニア)の方の机には"使える"本がずらっと並んでいたものです。
ついこないだの風景のような気がする反面、13年の時間の長さを感じてます。
そういった書類や古い本を廃棄処分にしてしまうと、机の中はほとんど空っぽです。
サンダルやひざ掛けを詰めても自分の荷物は段ボールひと箱で収まってしまいました。
13年半でもひと箱かあ・・・まあ職場の荷物なんてそんなもんなのかな。

この街を離れることに特に感慨も無いんですけど(←)
すぐ側にあるラーメン店に行くことがなくなるというのがちょっと残念かな。
味噌派の僕が一番好きな味噌ラーメンなんですよ。
(札幌ラーメンらしい)
平日は昼食は食べないんですけど、
休日出勤のときはその店でラーメンを食べることをモチベーションにしてましたから(笑)

そんなわけで来週から新しい職場になりますが、通勤時間は今より少し長くなってしまうようです。
今だって片道丸2時間掛かるんですけどね。今度は更に徒歩の距離が加わってしまいます。
一日の1/6を以上を移動で費やしてしまう、アテクシの人生って・・・。

[PR]
by CHDproduction | 2016-09-15 19:20 | from Ordinary Days | Comments(0)

サマーダイジェスト 2

前回の投稿のつづき

4)ライブ
やっと"音楽やってる人"っぽい話になりました(笑)
昨日(11日)新宿歌舞伎町にあるCrawdaddy Clubというところにライブを見に行ったんです。
数年前にJSPでライブした時に対バンになって知り合ったtoriwoさん。
昨年Artery and Veinでライブをしたら偶然対バンになって再会し7月のライブで再び対バンさせていただきました。
で、そんなtoriwoさんのベースのアイさんが別のバンドでライブをするというお知らせがあって
その宣伝用の画像(ポスター的な)を見たら、ギターの女性とドラムの男性・・・見たことある・・・
っていうことで調べたり尋ねてみたりしたら、なんとなんと
ギターの女性は、僕が数年前セッション会に出ていた頃、ときどき参加してたじゅんさんだったふんですよ。
直接話をしたことはありませんでしたが、僕がボーカルでサザンを歌ったときギターを弾いてくれた・・・はず(笑)
そしてドラマーは僕の学生時代に"隣のサークル"に所属していた森本くん。ライブのために大阪から来たんですね。
学年で僕のひとつ下で、Artery and Veinのギターの吉田さんの大先輩ということになるんですが、
実は一度だけ一緒にライブしたことあるんですよ・・・リンドバーグをね。もう25年も前の話で森本くんは忘れてましたけど(笑)。
しかし、こんなことってあるんだね~。全くの別ルートの知り合いが同じバンドのメンバーだったなんて。
で、ウチのサークルのひとつ下の後輩のドラムの三郎くんと一緒にライブを見に行きましてこの3ショット。
c0035093_21332320.jpg

アテクシはともかく、森本くん、三郎くんという当時の"FFA"(←"隣のサークル"の名前)と"JAM"(←ウチのサークルの名前)の
スーパードラマーの揃い踏みですよ。これはなかなかに感慨深いものがあります。
更にですね・・・
toriwoさんと仲が良くてよく対バンしている「どや」という女性二人組みのユニットがあるんですけど
この「どや」がですね、ウチの細君が独身の頃よくライブを見に行っていたユニットなんですよ。
結婚直前に一度だけ二人でライブを見に行ったんですけど、それから丸10年。
toriwoさんと僕が対バンすることになってtoriwoさんのSNSとかいろいろ拝見していたら「どや」と一緒にライブしたりしていて
すごいびっくりしたんですよね・・・ここでも予想もできないような繋がりがあったとは・・・。
先月の獅子王でのライブも「どや」のお二人は見に来ていたらしく、
ということは、僕が弾いてるのも見てたってことですわな(笑)
昨日やはりライブを見に来ていたお二人と直接話をして、えーそうだったのー!?ってなりまして。
ちょっと人間関係わかりづらいですか?図にするとこうです↓。
c0035093_21332488.jpg


c0035093_21332647.jpg

前列アテクシの両隣が どや のお二方、
奥に居る人は置いといて(笑)
後列左から森本くん、アイさん、じゅんさん。

長いことやってると、思いも寄らないところで繋がりがあって・・・大事にしていきたいですよね。

ということで2回に渡ってここ2週間くらいの話をダイジェストでお送りしましたが
やっぱりスタジオ入ったり、ライブしたりしたいですね・・・。
toriwoさんみたいに京都へ遠征ライブとかね、やってみたいなあ。

[PR]
by CHDproduction | 2016-08-12 21:26 | from Ordinary Days | Comments(0)