週末土曜日にライブを見に行ってきました。
久々のSLUM ROSE。昨年末に下井草でアコースティック版を見て以来。
爆音版(通常版)は昨年9月の横田基地での日米友好祭以来かな?

SLUM ROSE主催イベントでした。20回目だって。すごいですね。
昨年はArtery and Veinで出演させていただきましたので、巣鴨に行くのもそれ以来ってことですか・・・一年早いな。
例によって"センジ"でラーメン食べてから行きまして、最初のバンドは見られなかったんですが
全体を通して、楽しく見させていただきました。
トリ前のバンドのステージが始まる前に、明らかに僕より歳が上のお客さんがどっと入ってきまして、
男性はリーゼントにしたりしてるから「?」と思ってたら矢沢永吉のカバーバンドで、あーそれでか・・・と納得。
皆さんノリノリで踊ってタオル投げ上げて、そのバンドのステージが終わるとどっと捌けて行くというね(笑)
まあ集客力のあるバンドのステージはそういうモンです。
昨年はベイシティローラーズのカバーバンドが出たんですよね。
SLUM ROSEの夏樹さんに聞いたら、カバーバンドを呼ぶのは狙ったわけではなかったそうですが
イベントの中にひとつ本格的なカバーバンドが入っていても面白いですよね。
個人的にはやはり2番目の女性ボーカルのバンドに興味持ちましたね。
ポップロックなんだけど、歌い回しにどこか演歌を感じるなあと思ってRukaちゃんに訊いてみたら民謡やってた人らしい。
残念ながらそのボーカルさんはあと数ヶ月で脱退するそうで、まあいろいろあるんでしょうな。

SLUM ROSEは、あとから聞いたら体調万全じゃないメンバーばかりだったそうで、確かにそう感じる部分がありましたが総合的には良かったと思います。
ドラムがツーバス(ツインペダル)バンバン入れてくるし、いつもより全体的にテンポが速かったけど
このバンドはドラムはサポートでライブのたびにドラマーが変わるので、今回はこういう感じなのねと思って見てました。
主張が強いタイプのドラマーさんで、もう少し時間を掛けたらバンドとして固まるかなという感じでしたが、このドラマーさんのサポートは今回で最後だそうで。
大人になってバンドを続けるってのは大変だなって改めて思いますね。
あ、SLUM ROSEは今年も日米友好祭の出演が決まったそうです。2年連続出場・・・やりますね。

ライブハウス内での打上げの後、居酒屋で朝まで飲みました。
ちょっと声が枯れてたんで、結構しゃべったんでしょうね(←)
7時くらいに帰宅して、すぐ寝りゃよかったんだけど、
出掛ける細君を見送って、おあげにご飯あげたりしてぐだぐだしてたら昼くらいになってしまって
そこから眠ったので結局この日は何もできませんでした。
いつもなら、余所様のバンドのライブを見たら「俺もライブやりたいなあ」と思うんですけど
今回はそうでもないですね(笑)
こないだの自分のライブのあと、何かのスイッチがOFFになったままなんですな。
それでもベースの弦とか何故かカポタストを買ったりしてるんで、やる気はあるみたいです(笑)。

[PR]
by CHDproduction | 2017-06-19 18:48 | in the Music World | Comments(0)

日数が開いてしまいましたが、6月2日のアニソンライブイベント「Choco Ani vol.9」終わりました。
見に来ていただいた方々、本当にありがとうございました。

結構、お客さん、入ったよね・・・。
3時間に渡る長丁場のライブだったわけですけど、ライブ冒頭や途中にカラオケでのステージがありましたので
我々バックバンドは完全な出ずっぱり状態ではありませんでした。
途中、もしかしたら30分くらい楽屋待機してたかも。
前半はだいぶ硬くなってました。
ここんとこライブの回数が激減しているので感覚が取り戻せない状態・・・その焦りが更に焦りを呼ぶ、みたいな。
照明の関係で譜面が全く見えなくなるという事態もたびたび起こり、嫌な汗をだくだくかきながらの前半でした。
楽屋待機中にだいぶ気持ちを切り替えることができ、後半は燃えましたね(笑)
まあ戦隊モノの曲が続いたってのもあって、イケイケでした。
ゲストのYoffyさんのステージも、申し訳ないくらい楽しんでしまいました(←)

<<セットリスト(バンド演奏の曲のみ)>>
●本編
01)狂乱 Hey Kids!!
02)さぁ
03)嘘
04)アイネクライネ
05)イマジネーション
06)欲望に満ちた青年団
07)世界は恋に落ちている
08)モノクロのキス
09)革命デュアリズム
10)Summer Song
11)甲賀忍法帖
12)DOWN TOWN
13)Rage on
14)動物戦隊ジュウオウジャー
15)VAMOLA!キョウリュウジャー
16)Magenta Another Sky
17)DAN DAN 心魅かれてく
18)God Knows...
19)前前前世
20)READY STEADY GO
21)Go!!!
●ゲストコーナー(Yoffyさん)
22)precious time, glory days
23)アニメじゃない
24)GET WILD
25)特捜戦隊デカレンジャー
26)侍戦隊シンケンジャー

これまでやったことのないライトハンド・・・ではなくタッピングもやりましたし、ランニングベースもやりました。
数ヶ月前に知り合いのブログで知って聴いてみたら涙が止まらなかった「アイネクライネ」や、
昨年大ヒットした「前前前世」を弾くことになるとは思ってもみなかったし。
何と言ってもYoffyさんご本人のボーカルでデカレンジャーとシンケンジャーを弾かせていただけたのはもう最高ですね。
実はYoffyさんの後ろで弾くの3回目だったんですが(ご本人は覚えていらっしゃいませんでしたが)
今の僕の中の"特撮大ブーム"は5年位前の宇宙刑事ギャバンの復活から始まったものなので、
前回Yoffyさんとご一緒したときまではデカレンジャーもシンケンジャーもよく知らなかったんです。
でも今回は完全に理解した上での演奏ですんでね。そりゃあ感激もひとしおですし、楽しいに決まってるでしょう(笑)
c0035093_01020829.jpg

c0035093_12545260.jpg

↑蓮ちゃんとQooちゃんも見に来てくれた!
(photo by 蓮ちゃん)

まあしかしながら、今回はいろいろと思うところがありました。
それは自身の実力についても、とりまく環境についても、「業界」についても。
なもんで、このあと僕はまた例によってライブの予定は無いんですけど、それならそれでもいいかなっていう心境です。
この前までは、知り合いのバンド活動が好調だったり、たくさんライブしているのを見て「俺もやらないと」って思ったりしてたんだけど
今は、どうしてもライブやりたい、やらなくては!っていう感じでもないんだよな。
いや、少し時間が経ったらまたライブやりたい~って思うようになるのかな?どうだろう?
もちろん、ベース弾くのを辞めるわけではないですから、
ライブの機会があればやりたいですし、ご依頼があればこれまで同様喜んでお引き受けしますよ。
音楽でやりたいこともまだまだあるんでね。

[PR]
by CHDproduction | 2017-06-06 12:50 | playing the Bass | Comments(0)