一ヶ月以上前にAmazonに発注しておいたブルーレイディスク作品が先日届きまして。
そりゃあもう楽しみにしてたんです。
タイトルは「スペーススクワッド」
あーなんだ、また特撮の話?と思ったでしょ?
良い勘してますね、その通りですよ!
c0035093_19132813.jpg

もうちょっと詳しく言うと
「スペーススクワッド 宇宙刑事ギャバン vs 特捜戦隊デカレンジャー」
というタイトルでして
私の大好きな宇宙刑事ギャバンの新作です。
現在放送しているスーパー戦隊「キュウレンジャー」の数週間前のオンエアで、唐突にギャバンとデカレンジャーが登場したのはまさにこの作品の宣伝のため。
劇場では6月から都内の一箇所でのみ公開してるんですけど、
私、最初から円盤(ブルーレイかDVD)で買って見るつもりでしたんで、発売日を心待ちにしておりました。
なんたってギャバンの新作は「ギャバン THE MOVIE」以来ですから5年近く経ってるんですよ。
しかも、戦隊シリーズの最高傑作とも評されるデカレンジャーとコラボレーション!
・・・いや、ごめんなさい。実はデカレンジャーは見てなかったんだよね。
今の特撮熱が再燃したのはギャバンが復活した2012年、スーパー戦隊でいうとゴーカイジャーの終わりからなので
デカレンジャー放送当時(12年前)は特撮とかほとんど関心が無い時期だったのよね。(大人なんだし当然といえば当然なんだけど)
後付けでネットで部分的に見て知ってるくらいなんです。
なもんで、主題歌は何度もライブで演奏してますけど(笑)デカレンジャーには正直そんなに思い入れはありません。
が、再三言ってますけどギャバンに関しては思い入れどころの話じゃありませんし
同じ「刑事モノ」なんだから、コラボすればいいのに!的なことを書いてるんですよ、4年前このブログに。
(2013年5月15日投稿参照)。
↑ね!ね!

ここからはネタバレになりますので気にする方は読まないでくださいね。




内容は「ギャバン THE MOVIE」とは比較にならないくらい良かったです!
二代目ギャバンは襲名して結構経つはずなんですけど、相変わらずの規則命令なんのそのの突進タイプ。
全然成長してないじゃん・・・ってまあ良い言葉で言えば「超熱血漢」ということで、ヒーローとしてはわかりやすいかなとは思います。
結構予備知識は無く見ていたので、突然初代ギャバンが登場してきた時には息を飲みました。
そして蒸着(=変身)を解除して、人間体での格闘シーン!
すっかり白髪になった大葉健二さん(=一条寺烈:初代ギャバン)、とうに還暦過ぎてるのに凄いキレ!
30数年前に着ていた衣装でばっちり魅せてくれます。すっごいかっこいい!やばい、涙が・・・。
このシーンを見られただけでも買った甲斐あったよなあ。

デカレンジャーは先ほど述べたとおり、それほどの知識も思い入れも無いんですけど
でもね、すげーかっこいい・・・これ10年前に本編見てたら絶対ハマってたと思います。
デカイエローのジャスミン役の木下あゆみさんは、4年前放送していたキョウリュウジャーでも別人役で出演していて最終的にキョウリュウシアンになるんですけど
ネット上での人気がすごいんですよ。歴代特撮ヒロインの人気アンケートなんかとった日にゃあ大体トップに名前が挙がる人です。
デカピンクのウメコは・・・あれ?こんな丸っこい娘だったかな?というのは置いといて(笑)半分主役みたいなもんでした。
今でもこの二人を支持する人が多いのは納得しましたね。
でね、今回買ったブルーレイ、この二人を主役にした「GIRLS IN TROUBLE」という作品も一緒に入ってるんですね。
「スペーススクワッド」に繋がる話、エピソードゼロという形で。
共闘するギャバンの相棒シェリーとシャイダーの相棒タミーもほぼ主役といっていいですね。
タミーが敵に向かっていくときに「タミーにおまかせ!」と言った後、BGMで「アニーにおまかせ」が流れる演出は、
32年前に宇宙刑事シャイダーを見ていた方々は大喜びなのではないでしょうか。
登場するのはすべて女性で、密室サスペンス的な感じで面白かったです。(いきなり佃井皆美さんが登場してきたのも嬉しいサプライズ)

ここからさらにネタバレな話になりますけど、今回の作品はどうやらこれから始まる新シリーズの第一章という位置づけのようです。
とんでもない大規模な敵・・・宇宙規模の悪の宗教団体・・・がいて、戦ったわけですが、今回はその敵の中の一部隊を倒しただけなんですね。
で、ラストシーンでその悪の宗教団体を撃滅する部隊の隊長にギャバンが任命され、
メンバーを選択しろと命じられるんですが、そのとき候補として挙がっているメンバーとして、これまでの戦隊とかメタルヒーローとかがちらっと出てくるんですね。
今回は、敵の名でサタンゴース、マッドギャランという巨獣特捜ジャスピオンにまつわるワードが出てきますしジャスピオンもちょこっとだけ出てました。
そんな感じで悪の宗教団体との戦いを物語のベースにして、ギャバンを軸に過去の戦隊やメタルヒーローとコラボさせていくっていう
そういうシリーズにしていくように解釈できました。
ってことはですよ、結構良いスパンでギャバンの作品が見られるってことですよね。ものすごく期待しちゃいます。
ギャバンの相棒、女宇宙刑事シェリーは今回重要な役どころでしたが、事実上引退っぽいです。
ギャバンが"人事異動"になるということもありますが、だいぶ酷い目に遭ったので"内勤"に異動ということで。
ただこれ、すごーく都合よく解釈すると、シンケンジャーとコラボするときにシェリーがいると困るからじゃあないかなと。
(シェリーとシンケンイエローは同じ人が演じているから)

新シリーズスタートとはいえ、ギャバン役の石垣佑磨くんも若々しいけど30代ですからね。
ちょっと前作から間が空きすぎた感はあります。
もしかしたら、毎回主役は別なヒーローで、ギャバンは隊長としてバックアップするような立場になるのかもね。
あーそれでも想像するだけでわくわくするなあ(笑)

ちなみに、この「スペーススクワッド」、
僕が買ったのはブルーレイディスク3枚組のものですが、これに劇中でキーになる「レーザーブレード」が付いたものもあるんですよ。
ミニチュアじゃなくて、実寸(?)のやつ。
お値段3万円超ですけど、買った方いらっしゃったらレーザーブレード見せてください(笑)
c0035093_19132953.jpg

ということで、長文最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

*** 今後のCHDのライブ予定 **************************
●8月26日(土) 水華(サポート) -----
場所:高円寺 HIGH
詳細:未定

●9月18日(月祝) YOSHIDA AKIHIKO with PASSIONE -----
場所:西川口HEARTS
詳細:未定

●9月24日(日) YOSHIDA AKIHIKO with PASSIONE -----
場所:高円寺ペンギンハウス
詳細:未定

●10月11日(水) YOSHIDA AKIHIKO with PASSIONE -----
場所:横浜Baysis
詳細:未定

●11月2日(木) YOSHIDA AKIHIKO with PASSIONE -----
場所:大塚HEARTS+
詳細:未定

[PR]
by CHDproduction | 2017-07-24 19:07 | from Ordinary Days | Comments(0)

この土日は、ここ数年では珍しく二日連続でスタジオリハでした。
まず土曜日はヨシダアキヒコくんのバンドのリハ。昼からでした。
Artery and Veinのリハはいつも日が変わる前後の時間なので、戸田公園のスタジオに真昼間に行くなんて十数年ぶり。
案の定、渋滞にハマって大変でした。
それを見越して早めに出発して、高速使ったのに結局10分くらい遅れちゃって
帰りは更に時間が掛かって、その後の予定がダメになっちゃった。
本当にどうにかならんのですかね、渋滞。
このバンドはフレットレスを使用してますが、今回はエフェクターはメインのボードを持っていって
先週購入したアナグマ製のケーブルを試しました。
c0035093_19412029.jpg

エフェクター通してるし、アンプも初顔合わせのものだったので、音が良くなったのかどうか
比較することはできませんでしたが、結構音の通りは良かったと思いましたね。

翌日は、かつてJSPで一緒だった蓮ちゃんのバンドの初リハ。
蓮ちゃんと言えば、彼をご存知の方なら解ると思いますが、ジャンル的には僕とはほぼ、いや、全くと言っていいほど被る部分がありません。
それでも自身のオリジナルバンドで是非一緒にと声を掛けていただいたので、僕も勉強させてもらうつもりで参加を決めたわけです。
この日はスタジオの場所が新宿ということで電車移動。
が、物凄く暑い日でして、ベースを背負って外出すること自体、やりたくないって思うくらいで(←)
どうがんばっても汗だくになるのが必至だったので、エフェクターボードを持っていくことを断念。
ZOOMのマルチだけベースのケースに入れてとぼとぼと歩いて・・・もう電車に乗ってからが大変で、汗が止まらないのね。
乗り換えるまで4駅進む間にタオルハンカチ一枚使えなくなるほどでした。
この日は出力にやや難があるXOTICさん(5弦ベース)でしたし、バッファは通してません。
エフェクターがひとつだけということはやや有利になりますが、
よく聞こえました。これは多分ケーブルのお陰だと思います。買ってよかったです。
B弦(5弦ベースの一番太い弦)がよく聞こえるんでやたら使ってしまいました。
初顔合わせのメンバーでしたが、思いの外仕上がってました。
もちろん細かいところは擦り合わせないといけませんし、個々のスケジュールの問題はあるでしょうが
初ライブまでそんなに時間は掛からないかもしれません。
なにより蓮ちゃんがとても楽しそうで(笑)良かったですよ。
c0035093_19412211.jpg


今週末は"クリィミーマミの曲をやるバンド"のリハがありますし、
月末にはアキヒコくんバンドの次のリハがありますし、
8月末にライブを控えた某シンガーのバックバンドをやる話があってその仕込みもしないと、ですし
来月いっぱいは思いの外忙しいです。
先月頭のChoco ANIライブの後は暇になるはずだったんだけど、嬉しい誤算ですね。

[PR]
by CHDproduction | 2017-07-10 19:27 | playing the Bass | Comments(2)

帯に短し、襷にも短し

今、所有しているベースは4本あるんですが、それぞれにケースがあります。
ギグバッグ(厚手の緩衝材を加えた防御性の高いソフトケース)が2つ
セミハードケース(ハードケースに近い形状で厚手の緩衝材を加えて防御性を高くして軽量化を図ったケース)がひとつ
ハードケース(アタッシュケースのでかい版のような頑丈だけどとにかく重くて徒歩じゃ持ちたくないケース)がひとつ
セミハードケースは5弦ベースのXOTICさんの購入時に付属してきた専用ものですが、それ以外はギグバッグに入れて運搬しています。
このギグバッグがくたびれてきました。
2つのうちひとつは1991年にフレットレスを買ったときに購入したものなのでもう26年、
もうひとつは2004年にCELINDERくんを買ったときに買いましたんでそれでも13年使っているわけで
まあくたびれても仕方ないですね。
そこで新しくケースをひとつ買おうかなと思ってちょっと前からネットで物色していました。
で、吟味した結果、ちょっとお値段張りますが良さげなギグバッグが見つかったのでネットで購入。
数日後には届きまして、上機嫌だったのです・・・が
このケース、結構立派なリュックタイプのベルト(ストラップ)が付いているんですけど
・・・すっごく短いのです。
最長の長さにしてみても、背負ったらもうパツパツで、冬に厚着をしたらとても背負えないくらいなんです。
体格の良い人ならきっと背負うことすらできないでしょう。
パツパツなもんだから、かなり高い位置で背負うことになりますので、
頭の後からかなりの長さでにょっきりとケースが伸びている状態になります。
電車とか、乗り込むときには確実に引っ掛かりますよ。
ケース自体は良いものなので、非常に面食らいました。
これだけ立派なケースなのになんでベルトだけがこんななの・・・?
かといって自分でベルトを延長するような技術もありませんし、あったとしても
大事な楽器を入れるものなので下手にいじって背負っているうちにベルトがブチっと切れちゃっても困ります。
鞄の修理してくれるお店に頼めばいいのか、いや、ベースのケースなんて対応してくれるのかどうかもわからないし・・・
っていうか、そのままじゃ使えないってどういうことなのよ?って感じです。

そこでこのケースを作ったメーカーならなんとかしてくれるかなと思って、購入先のお店にメールで問い合わせてみました。
お店の方はすぐに電話してきて、確かにこれじゃ短くて使えないですねって言ってくれまして、メーカーに問い合わせてくれました。
そしたら・・・
「そういう仕様の商品なので何ともできません」
という回答だったそうです。
・・・ ・・・うん、わかるけどさ。
常識的な観点から見ても明らかに短すぎるベルトで、有料でもいいから何とかしてもらいたいって言ってるのに
何ともできませんってさ。
まあそういう修繕チックなことは受け付けないルールなのかもしれないし、いろいろ事情はあるんでしょうけど、
例えば「この店(メーカー)に持ち込めば修繕してもらえますよ」とかいう話でもよかったんだよ。門前払いとはなあ。
このメーカーはユーザーの側に立った商品開発してないってことだよね・・・。
ほぼほぼ使えない仕様の商品の開発にGOを出して販売しちゃうんだもんなあ。
若い頃、オモテの仕事で
「ユーザーが使い易い、運用しやすいシステムを設計・開発しなさい」って散々教育されたから
今どきまだこういう企業があるっていうのが驚きです。しかもメーカーで。
お店の方は、同じような商品と交換しますと言ってくれたんだけど、
かなり吟味して選んだから(ベルトの長さまでは調べられなかったけど)別のものって言われても・・・ってことで
申し訳ないけど今回は返品することにしました。
やっぱり実際に現物を見ないとこういう商品の買い物は難しいね。
あとは、もう少しがんばって高額な商品を選んだ方が固いってことかな。
まあ再びケースを吟味する楽しみができたってことは嬉しいっちゃあ嬉しいけどね。

[PR]
by CHDproduction | 2017-07-07 19:47 | from Ordinary Days | Comments(0)

東大まで二往復

7月になったら暑いですね。
ついこないだまでスーツの上着を着てたんですけど、とてもじゃないけどもう無理ですな。

昨日は東京大学まで行って来ました。
c0035093_18374400.jpg

母校・・・ではありません(←)
前にもちょっと書きましたけど(2016年2月16日、2016年10月11日の投稿)、
飼い犬のおあげは自宅の近くに掛かり付けの動物病院があるのですが、それとは別に東京大学の動物病院の"患者"でして、
年に一度東大に行って再診してもらうことでそこからまた一年面診てもらえるという、そういう治療をしてるのです。
本来なら患者本人であるおあげを連れて行くのが普通ですが
おあげはとても気難しくて、長い時間車に乗せることが難しく、2年前に検査してもらうために二度連れて行ったきり。
(しかも二度目は病院の入口に着いた段階で嫌がって唸って怒って大変でした)
その後は、僕と細君で一年おきに"通院"して、先生のカウンセリングを受け、今後の治療法について話し合ったりしています。
そういうわけで、東大に行ったのはイレギュラーなカウンセリングも含めて今回が通算5回目(?)かな。
せっかくなのでキャンパス内を散策したり、学食で赤門ラーメン食べたりして東大を楽しんで来ることにしています。
c0035093_18374585.jpg

今回も診察が済んで、次に来るのはまた一年後かあ~なんて言いながら帰途につきました。
渋滞も無く、自宅近くまで戻ってきた時、ふとスマホが気になって鞄の中を探してみたんですが・・・無い。
細君に電話してもらっても車の中に電話の音は鳴らず、東大に置き忘れてきたことがはっきりしました。
これまで携帯をどこかに置き忘れたことなんて一度も無いので、呆然。
置き忘れた場所は特定できたので、細君に電話してもらって、病院の受付の方に探してもらいました。
そのとき時刻は16時半を過ぎていて、東大を出て既に一時間以上経っていたので半ば諦めていたのですが、ありましたと。
スマホが無いと私、通勤もできませんので、そのまま東大にトンボ返りしました。
一年後どころか、二時間後にまた東大を訪れることになるとは・・・まあ滞在時間は5分くらいでしたけど。
帰りは渋滞に巻き込まれて二倍も時間が掛かってしまい、後の予定も台無しになってしまいました。

今回は置き忘れたところにスマホが残っていたから良かったものの、誰かに持って行かれちゃったらと思うとゾッとします。
ほんと、気をつけないとね。

[PR]
by CHDproduction | 2017-07-06 18:35 | from Ordinary Days | Comments(0)