あいつら狙ったでしょ!

先週末はArtery and Veinのリハがあり、夕方から車で出かけたんですけど
ある2車線の幹線道路の左車線を走っていて渋滞に巻き込まれてしまいました。
短い時間でしたが完全に止まってしまい、動き出すのを待っていると、パラパラと車の屋根を打つ音が。
雨が降ってきたのかと思ったけどフロントガラスに雨粒が落ちた形跡はありません。
「あれ?」と思っていると更にパラパラの音は続いて、屋根に何かがどんどん降ってきてる模様。
体を乗り出して窓から上空を見るとそこには・・・電線にびっしり止まっているものすごい数の鳥!
ということはこの音は・・・もうお分かりですね。大量の鳥の糞でした。
避けたくても渋滞で全然動かないし、どうしようもありません。
一刻も早く洗車したかったんですが、スタジオの時間に間に合わなくなるので
途中のコンビニでウェットティッシュを買ってスタジオの駐車場で拭き取り作業。
本当にびっくりするくらいかけられてました・・・この時期って花粉とか黄砂とかでそうでなくても車って汚れているんですけど
中途半端にウェットティッシュで拭いちゃったから変に拭き跡が残って、見た感じものすごく汚い車になってしまいました。
うまい具合に昨日、今日の雨できれいになりましたけど、あの道ヤバいなあ!
もう何年も前から普通に通っていた道で、今までこんな事無かったのに・・・まあ渋滞にはまった位置と時刻がたまたま悪かったんでしょうね。
でももうこんなのはごめんだなあ。右車線を走ればいいのかなあ。それともちょっと遠回りしても別の道を使おうかなあ。

***** GAVAN=CHDのライブ予定 *****
---------------------------
日にち:2017年5月3日(水祝)
バンド名:Artery and Vein
イベント名:Power of Groove
場所:西川口 HEARTS
詳細:未定

[PR]
# by CHDproduction | 2017-03-14 20:08 | from Ordinary Days | Comments(0)

ひと月以上空いての更新です。

しばらく動いていなかったArtery and Veinですが
5月のイベントに向けて、ということで活動を再開しました。
9月に一度リハに入ってそれっきりでしたので、メンバーともあらかた半年ぶりの再会です。
あ、ギターの吉田さんはこないだ彼のソロライブを見に行ったので、3週間ぶりくらいですかね。

と、リハの前にその吉田さんから誘われまして、2時間ほどスタジオでセッションといいますか
僕とは初顔合わせの若いドラマーさんと3人で、吉田さんのオリジナル曲を合わせてみました。
僕はほとんど予習の時間が取れなくて(申し訳ない!)ほぼ譜面を睨みっぱなしでしたが
多分数年ぶりの3ピースのバンドのセッションを楽しみました。
途中から吉田さんが持ってきたフレットレスベースを使ったので、
がっつり運指の練習になりまして(笑)、Artery and Veinのリハの前に十分なリハビリになりました。
次にまたこの機会があればもう少しちゃんとしたフレーズ付けますので(←)
また声掛けていただきたいなあと思います。

さてArtery and Veinですが、再三書いている通りとっても久しぶりなもので前半は"思い出し作業"でした。
今回はもう20年以上眠っていたSANS AMPを歪みのペダルとしてエフェクターボードに設置してみました。
c0035093_19463912.jpg

c0035093_19464226.jpg

学生だった頃に、これがどいういうものなのかほとんどわかっていない状態でしたが
当時はすごく画期的なペダルで、プロの間でもものすごく評判が良かったようなので
そんなにすごいもんならとりあえず買っとこう、ぐらいのノリで大枚叩いて買ったシロモノです。
使いこなせないどころか使い道もよくわからなくて(←)ずーーっとしまいっ放しだったんだけど、
せっかく持ってるんだし使ってみようということで。
これ、今も販売されていますが現行版は「SANS AMP CLASSIC」という名前になっています。
僕が買ったときは"新発売""新商品"だったんですが(なので現行版には記載されている"CLASSIC"の文字がありません)、
25年も経つと"CLASSIC"になってしまうんですね(笑)
僕はSANS AMP BASS DRIVER(同じブランドが発売している超ヒットしたベース用プリアンプ)は持っていないんでわからないんですが
歪み方としては多分似てるんじゃあないかと思ったんですけどね、どうなんでしょう?
後半は新曲のアレンジをみんなでセッションしながら探っていく感じであっという間に時間が来てしまいました。
なにせリハの開始が23時半だったので、スタジオを出るときはもう3時を回ってました。
帰りは眠かったですけど、がっつりリハをしたので非常に気分が良かったです。
CELINDERくんも良い音だったしなあ。去年の9月から全然弦替えてなかったんだけど(←ヲイ)

で、これも本当に久々なんですけど、ライブのお知らせです!
これ書けるって嬉しいよなあ!
今のところ、これが僕の今年最初で最後のライブなので、たくさんの方に見に来ていただきたいなあと思います。
もっとライブしたいなあ。

***** GAVAN=CHDのライブ予定 *****
---------------------------
日にち:2017年5月3日(水祝)
バンド名:Artery and Vein
イベント名:Power of Groove
場所:西川口 HEARTS
詳細:未定

[PR]
# by CHDproduction | 2017-02-27 19:31 | playing the Bass | Comments(0)

A型でした

二週間近く空いてしまいました。
実は10日ほど前に、人生初のインフルエンザに罹ってしまいまして。
「今年の運勢良くないんだよな~」なんて言ってたら本当に厄介なことが起きてしまいましたよ。

年明け早々細君が風邪ひいたと言って、寒気がして熱が上がって・・・っていう状態だったんですが
元々「風邪なんて平気平気」っていうタイプの人なので重症には見えませんで、
普段はなかなか行かない病院に行ってみるっていうから珍しいなと思ってはいたんですが
まさかのインフルエンザ。A型ね。
その日の夜からお互いにマスクしたり、部屋を分けたりしてみたものの時すでに遅し。
ばっちり移ってました。翌日の夕方くらいから急激に熱が上がり始め、僕も寝込んでしまいました。
インフルエンザって風邪のキツいヤツでしょ、ぐらいにしか思ってなかったんだけど、冗談じゃあない。本当に辛かった。
体力が無い人は命の危険もあるよっていうのがよくわかった気がします。
僕の症状は強烈な悪寒と頭痛とだるさ。がんばって病院には行きましたけど、何もしたくない(できない)状態で寝床から出ることもままならず。
食欲も無くなって、水分は摂らないといけないって言うから水だけは飲みましたけど、丸二日間、食べられませんでした。
タミフルが効き出してからは徐々に食欲も出てきて・・・あんなにうどんが美味いって思ったことなかったなあ。
結局三連休も丸々潰れ、仕事も二日間休みました。
もうホント、酷い目に会いました。二度とごめんです。来期は必ず予防接種受けます。

で、僕も細君も気がかりだったのは、おあげにインフルエンザが移らないのかなってこと。
狭い家の中にインフルエンザ患者が二人も居たので、生物学的に移るなら絶対に罹ってますよね・・・?
まあ、何ともなかったみたいなので、犬には移らないってことでいいのかな?

[PR]
# by CHDproduction | 2017-01-17 19:58 | from Ordinary Days | Comments(0)

新年のご挨拶2017

遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

昨日から仕事は始まってますが、ちょっとした問題があったりして新年早々休憩ほぼ無しでぶっ通し仕事してました。
お陰で正月気分など微塵も残っておりません。

さて年末年始の休暇は12月30日からだったんですが、毎年のことながら年末年始は細君が仕事でして
テレビを見たり買出しに出かけたりすると正月なんだなあと思いますが、我が家には年越し・正月らしいことはほとんどありません。
餅もおせちも食べませんし、玄関のドアに飾りを付けるとか、大晦日の夜に紅白見て蕎麦を食べるとかくらいかな。
なもんで、僕は買出ししてしまうとあとはひたすら留守番でして
普段は独り留守番ばかりで寂しそうなおあげもこの数日間は僕が在宅しているので機嫌も良くのんびりしてました。
c0035093_19541441.jpg

c0035093_19542285.jpg

c0035093_12124188.jpg


今年は運勢が実に良くないらしいんでいろいろと慎重にしたいと思っています。
実際、初詣でおみくじ引いたら二回連続で「凶」でしたからね。連続って逆にすごいけど(笑)
昔から結構「凶」引きがちなんですよね。さらにネットでおみくじ引いてみても「凶」。なんなのよこれ。
「悪いことが起こるということではありません」って言うけど、やはり気分のいいものではありませんな。

年頭にあたり、とりあえず音楽活動を再開したいですね。
だらだらしてるとあっという間に歳を取ってしまいますからね。
あと、少しずつでいいから物事を前向きに考えられるようにしたいです。連続「凶」をどう前向きに捉えたらいいかわかりませんが(笑)
偏屈なじいさんにならないように今からいろいろ変えていかないとなあ。
もうそういう歳ですから。トシオトコなんでね。

平和で穏やかな一年になりますように。

[PR]
# by CHDproduction | 2017-01-05 19:54 | from Ordinary Days | Comments(2)

暮れのご挨拶2016

2016年もまもなく終わりです。

今年は前半、夏まではポンポンとライブがあって、それなりに音楽活動できましたが
後半は全く何もできませんでした。
その反面、知人のバンドはどこも順調で取り残された感に苛まれた半年でした。
こうやってみんな徐々に音楽を辞めていくのかなあと思ったりもしましたが
まだ辞めたくないので、もう少しあがきます(笑)

もちろん悪いことばかりではありませんでしたが
来年は(音楽活動に限らず)全体的に良い方向へ方向転換したいですね。

皆さん、良いお年をお迎えください、ね。



[PR]
# by CHDproduction | 2016-12-31 17:14 | from Ordinary Days | Comments(2)

中学の頃、学校の音楽の授業で「曲の途中でヨーデル風のフレーズが入る曲」を合唱することがあったのですが
そのヨーデル風の部分はファルセット、要するに裏声で歌わなくてはならないものでした。
僕は当時、裏声を出すことができませんで、クラス全員で歌ってみて、裏声が出せないのは僕とT君だけでした。
僕ら二人は先生に「ふざけないでちゃんと歌いなさい」と叱られましたが
それまでの人生で裏声を出す必要がなかったのでどうやって裏声を出すのか全くわからなかったのです。
大体、いつも真面目に授業を受けている僕が、この曲に限ってふざけるなんてことないでしょうに。
なんでふざけてるって思われたのか・・・。
いずれにしてもそのときに、裏声とはとても一般的な技術で、出来ない方が圧倒的に少数派で自分はその少数派に属しているのだと認識したわけです。
ちょっとがっかりしましたが、それ以外で裏声が必要な場面など依然として無いわけで、
まあいっか、ぐらいに思って過ごしていました。

数ヶ月か、どのくらい経ったか忘れましたが、
当時大人気だった英国のボーカル+ギターのユニットの「Bad Boys」という曲がヒットしていました。
その曲はとてもキャッチーでファンキー、何度聴いてもわくわくするようなアレンジで
それまで歌謡曲ばかり聴いていた僕(当然まだベースなど弾いていない)でしたが、がっつりハマってしまい
エアチェックしたカセットテープでそれこそ"擦り切れるほど"聴き倒しました。
僕は、いつも缶ペンケースを叩きながら鼻歌を歌っているような迷惑千万な中坊でしたので、この時期は「Bad Boys」ばかり口ずさんでいたのですが
この「Bad Boys」、冒頭から曲間からサビから「Fu!Fu!」というファルセットのフレーズがバンバン入っている曲なのです。
・・・いや、調べてみたら実際の歌詞は「Woo! Woo!」が正解のようですが・・・
で、あるとき自分がその「Fu! Fu!」を裏声で歌っていることに気付いたのです。
自分のことながらとても驚きました(笑)
あの授業中、どうやっても出せなかった裏声がいつの間にか出せていた・・・。
そうなのです「Bad Boys」という曲のお陰で、僕はファルセットが使えるようになったのです。
ファルセットが使えれば、歌える曲や、表現力の幅がぐんと広くなりますよね。
あのまま裏声が出せない人生だったとしたら、大人になって週3でカラオケに行くようなカラオケ馬鹿にはなれなかったでしょうし(←)
もしかしたら歌うこと自体、そんなに好きにならなかったかもしれません。
歌うことが好きでなければ、たとえベースを始めたとしても今のようなプレイにはなっていないはずですし
つまらなくてとっくに辞めてしまっていたかもしれません。
今聴いてもあのグイグイ攻めて来るベースは大好きですし、
同時期くらいに人気だったCulture ClubとかDuran Duranとかを好きになっていくきっかけになったんですよ。
ちとオーバーかもしれませんが「Bad Boys」は自分にとってのターニングポイントとなる曲のひとつだったんだと思います。

その「Bad Boys」を歌っていたWham!のジョージ・マイケルが亡くなったそうです。53歳。
熱狂的なファンではありませんでしたが、とても寂しく思います。
今思うとCulture ClubとDuran Duranはカバーバンドやったんだけど、Wham!はやらなかったんだよなあ。
しばらく聴いてなかったし「Bad Boys」のベース、コピーしてみるかな。
https://m.youtube.com/watch?v=hktHI4fGydE
[PR]
# by CHDproduction | 2016-12-26 18:57 | in the Music World | Comments(0)

師走Days

毎年毎年、年末ってなんでこう忙しいんですかね・・・。

そんな忙しい中、先週はいろいろあったので書いておきます。

12月12日(月)
映画「JACO」を観に行きました。
知っている人はよく知っている"ベースの神様"ジャコ・パストリアスのドキュメンタリー映画です。
有名なミュージシャンがインタビューでわんさか出てきます。
ジャコの生涯については有名ですし、本も読みましたし、作品もいくつか持っているので
そこそこ知っているつもりでしたが、
改めて映像で演奏している姿を見ると、やっぱりね、良くも悪くも普通じゃないよなって思います。
(そういう場面を選んで映画にしたのかもしれないけどね)
天才であるが故の苦悩、なんてたまに耳にしますけど、まさにそれ。
周囲のミュージシャンも、リスナーも全く新しい形のアーティストの登場に驚き、
高揚したにもかかわらず、時代とビジネスがついていけず受け入れられなかった。
その悲哀と焦燥がスクリーンの中から伝わってくるようで"心の中で泣けた"作品でした。
一方で登場するあらゆるミュージシャンからの賞賛の言葉を聞くたびに
同じ楽器奏者である誇りを感じずにはいられませんでしたね。
バックで流れるジャコの音楽で、聞いたことがなかったものもあり、改めてCD買ってみたりしてます。

12月14日(水)
学生時代の先輩であり"孤高のジャズギタリスト"Gary長山さんの師匠である
東海林由孝さんのライブを観に行きました。
ギター、ベース、ドラムのお三方による演奏と
おしゃれなお店の雰囲気とが相まって、とってもゆったりとした豊かな時間を過ごすことが出来ました。
Garyさんとも一年ぶりに会ったんですが、ここで思わぬ情報を知らされました。
4日後の18日に、学生時代に所属していたサークルの創設40周年式典があるという。
5年おきに行われているイベントですが、3年前に引越してしまったので僕のところには連絡が来なかった模様。
Garyさんから連絡先を教えてもらってメールで問い合わせたところ、参加しても大丈夫ということで
ギリギリで出席することになりました。

12月17日(土)
音楽とは全く関係なく、毎年恒例、仮面ライダーの映画を観に行きました。
今回は9月に最終回を迎えた仮面ライダーゴーストが主役、現在放送中の仮面ライダーエグゼイドが準主役って感じでした。
去年の映画(仮面ライダードライブ&ゴースト)もなかなか良かったわけですが
今年はストーリーもさることながら、ウィザード、鎧武、ドライブも登場、
さらにさらに、ウィザードとドライブは、変身前の操真晴人、泊進ノ介もちゃんとストーリーに絡んで
がっつり変身シーンも見せてくれて、決して取ってつけたような扱いになっていないという、
かなり良く出来た内容でした。
ドライブに関しては本編最終回でベルト自体がもう取り出せないところに封印されているので
どうやって変身するんだよう!と思っていたんですけど、
なるほどね、"神様"になった鎧武ならなんでも出来ちゃうからベルトを持ってくることが可能なわけね。
ずるい・・・けど上手い(笑)
仮面ライダー5人が並んで(鎧武は変身した状態でのみで出演)横並びで一斉に変身するのは圧巻!でした。
見終って、さて帰ろうかなと思ったら、スクリーンの前に立った人(多分映画館の従業員かイベント企画の人)が
「これからイベントを行いますのでお時間ある方は是非残ってください」と言うんですね。
お時間無かったけど(笑)残ったらなんと!仮面ライダーウィザードとエグゼイドが現れました。
c0035093_20305503.jpg

c0035093_20305707.jpg

c0035093_20305997.jpg

最初はスクリーンの前でポーズを決めてたんですけど、
客席の間の通路を上がってきてちびっ子と握手したり写真を撮らせたり。
僕はほぼ真ん中の席に居たのですが、まさかあんな近くで仮面ライダー2人を見られるなんて思いも寄らなかった。
ほんとにラッキーだったなあ~。
近くで見るとめちゃめちゃかっこいいですよ!
出口でも2人が見送ってくれたので、とりあえずウィザードとは握手しました(←)

12月18日(日)
で、前出のサークルの40周年記念式典です。
キャンパスに行くこと自体が5年ぶりになるわけですが、
今回は地下鉄を使わず、巣鴨駅から学校まで歩く"巣鴨歩き"で向かいました。
途中で"千自(千石自慢らーめん)"を食べる魂胆でしたが、昼時で混んでいたので断念。
正門から見るとまた建物が増えていて、かつてこの地で我々と一緒に過ごしたモノは全くありません。
このイベントは昼間はOB、現役のバンドがライブを行います。
c0035093_20330679.jpg

↑このフラッグ、僕が現役の頃から使ってるやつなんですよ。
代々受け継がれているんですね。感激だなあ。
今年は(今年もか)僕の先輩方のバンド、SLOW CLUBが出演するって言うので楽しみにして行きました。
ライブはすごい良かった・・・。おふざけ無しでしっかりオトナの先輩感を出してました。
現役も含めて若い子たちのバンドはすごく上手いんですよ。
今の若い子はみんなこんな上手いのかしら?
僕が卒業して何年も掛けて習得したものを、あっさり身に付けてる感じ。
すごいよなあ。
ライブの後、でかい学食(っていうのも気が引けるほどきれいでおしゃれ)で立食パーティがあって
なぜか本格的なカレーをたらふく食べました(笑)
今回は僕の知っている後輩は参加者ゼロ。同期もゼロ。ひとつ上と二つ上の先輩がひとりずつで
僕が1年生の時の4年生の方々とその上の方々で固まっていたので、
要するに名前くらいしか存じ上げない先輩方と一緒にいたということなんですね。
久々の"下っ端"を味わいました。
その後居酒屋に行ったんですけど、とりあえずワリ勘して、会計してくれた先輩が
「おーい、この中の最年少誰だ?」というので、何かあったかと思って「ハイ、俺です」と言ったら
余った小銭をくれたんです。
昔はこういうことはよくあったけど、まさかこの歳でね(笑)
いつになっても先輩はかわいがってくれるし、後輩は立ててくれるし
本当に先輩・後輩には恵まれてるなって思います。
小銭も元気もいただきました。
今年もあと一週間。がんばって乗り切ります。

[PR]
# by CHDproduction | 2016-12-22 20:20 | from Ordinary Days | Comments(2)

続・足下を見てください

さっき気付いたんですけど、
ちょうど一年前に同じタイトルで同じような内容を投稿してました(笑)

現在自宅で楽器を弾くくらいしか活動ができていない僕ですが、
先日ふと、使っていないエフェクターやパッチケーブルでもう一組ボードが作れないかと思い、
一番小さいエフェクターケースを使ってやってみました。

僕の場合、とりあえずコンプレッサーとチューナーがあればいいので
ここ数年使っていなかったAPHEXのPunch Factory(旧型)と26年前に買ったBOSSのアナログチューナーと
これまた15年くらい前に買ったBOSSのリバーブを並べて・・・。
音質が下がってしまうことがわかっているこのジャンクションボックスですが
まあせっかくなんで(笑)この際これも使って・・・。
偶然ですがパッチケーブルがCAJ(←ケーブルのブランド名です)で統一されて
そこそこいい感じになりました。↓
c0035093_00123842.jpg

ベース

ジャンクションボックス

ループセレクター
 →チューナー

コンプレッサー

リバーブ

ジャンクションボックス

ね?
まあ直列接続でバッファも無いけどこれはこれで良くない?(笑)
ちなみにメインのボードは↓こんな感じ。
c0035093_00124188.jpg

ベース

ジャンクションボックス

バッファ(兼ブースター)

Magical Force

コンプレッサー

スイッチャー
 →チューナー
 →プリアンプ(歪みで使用)
 →マルチエフェクター

ジャンクションボックス

こちらはパッチケーブルの統一はあきらめました(笑)
EX-PROのパッチケーブルのこのシリーズが製造終了になっていてもう手に入らないっていうのもあって
本当はソルダーレスケーブルできれいに統一したいんですけど
そうなるとコツコツ買いためてきた決して安価ではないケーブルたちが無駄になっちゃう
ということで、多少長さが合わなくても所有しているものでまかないました。
グランドループがどうとかそういうのは問題になったら考えます(⬅)
さてこの二つのボード、どうやって使い分けようかな♪
ってその前にスタジオに入る機会が無いとな・・・。

[PR]
# by CHDproduction | 2016-11-30 00:04 | playing the Bass | Comments(0)