暮れのご挨拶2016

2016年もまもなく終わりです。

今年は前半、夏まではポンポンとライブがあって、それなりに音楽活動できましたが
後半は全く何もできませんでした。
その反面、知人のバンドはどこも順調で取り残された感に苛まれた半年でした。
こうやってみんな徐々に音楽を辞めていくのかなあと思ったりもしましたが
まだ辞めたくないので、もう少しあがきます(笑)

もちろん悪いことばかりではありませんでしたが
来年は(音楽活動に限らず)全体的に良い方向へ方向転換したいですね。

皆さん、良いお年をお迎えください、ね。



[PR]
# by CHDproduction | 2016-12-31 17:14 | from Ordinary Days | Comments(2)

中学の頃、学校の音楽の授業で「曲の途中でヨーデル風のフレーズが入る曲」を合唱することがあったのですが
そのヨーデル風の部分はファルセット、要するに裏声で歌わなくてはならないものでした。
僕は当時、裏声を出すことができませんで、クラス全員で歌ってみて、裏声が出せないのは僕とT君だけでした。
僕ら二人は先生に「ふざけないでちゃんと歌いなさい」と叱られましたが
それまでの人生で裏声を出す必要がなかったのでどうやって裏声を出すのか全くわからなかったのです。
大体、いつも真面目に授業を受けている僕が、この曲に限ってふざけるなんてことないでしょうに。
なんでふざけてるって思われたのか・・・。
いずれにしてもそのときに、裏声とはとても一般的な技術で、出来ない方が圧倒的に少数派で自分はその少数派に属しているのだと認識したわけです。
ちょっとがっかりしましたが、それ以外で裏声が必要な場面など依然として無いわけで、
まあいっか、ぐらいに思って過ごしていました。

数ヶ月か、どのくらい経ったか忘れましたが、
当時大人気だった英国のボーカル+ギターのユニットの「Bad Boys」という曲がヒットしていました。
その曲はとてもキャッチーでファンキー、何度聴いてもわくわくするようなアレンジで
それまで歌謡曲ばかり聴いていた僕(当然まだベースなど弾いていない)でしたが、がっつりハマってしまい
エアチェックしたカセットテープでそれこそ"擦り切れるほど"聴き倒しました。
僕は、いつも缶ペンケースを叩きながら鼻歌を歌っているような迷惑千万な中坊でしたので、この時期は「Bad Boys」ばかり口ずさんでいたのですが
この「Bad Boys」、冒頭から曲間からサビから「Fu!Fu!」というファルセットのフレーズがバンバン入っている曲なのです。
・・・いや、調べてみたら実際の歌詞は「Woo! Woo!」が正解のようですが・・・
で、あるとき自分がその「Fu! Fu!」を裏声で歌っていることに気付いたのです。
自分のことながらとても驚きました(笑)
あの授業中、どうやっても出せなかった裏声がいつの間にか出せていた・・・。
そうなのです「Bad Boys」という曲のお陰で、僕はファルセットが使えるようになったのです。
ファルセットが使えれば、歌える曲や、表現力の幅がぐんと広くなりますよね。
あのまま裏声が出せない人生だったとしたら、大人になって週3でカラオケに行くようなカラオケ馬鹿にはなれなかったでしょうし(←)
もしかしたら歌うこと自体、そんなに好きにならなかったかもしれません。
歌うことが好きでなければ、たとえベースを始めたとしても今のようなプレイにはなっていないはずですし
つまらなくてとっくに辞めてしまっていたかもしれません。
今聴いてもあのグイグイ攻めて来るベースは大好きですし、
同時期くらいに人気だったCulture ClubとかDuran Duranとかを好きになっていくきっかけになったんですよ。
ちとオーバーかもしれませんが「Bad Boys」は自分にとってのターニングポイントとなる曲のひとつだったんだと思います。

その「Bad Boys」を歌っていたWham!のジョージ・マイケルが亡くなったそうです。53歳。
熱狂的なファンではありませんでしたが、とても寂しく思います。
今思うとCulture ClubとDuran Duranはカバーバンドやったんだけど、Wham!はやらなかったんだよなあ。
しばらく聴いてなかったし「Bad Boys」のベース、コピーしてみるかな。
https://m.youtube.com/watch?v=hktHI4fGydE
[PR]
# by CHDproduction | 2016-12-26 18:57 | in the Music World | Comments(0)

師走Days

毎年毎年、年末ってなんでこう忙しいんですかね・・・。

そんな忙しい中、先週はいろいろあったので書いておきます。

12月12日(月)
映画「JACO」を観に行きました。
知っている人はよく知っている"ベースの神様"ジャコ・パストリアスのドキュメンタリー映画です。
有名なミュージシャンがインタビューでわんさか出てきます。
ジャコの生涯については有名ですし、本も読みましたし、作品もいくつか持っているので
そこそこ知っているつもりでしたが、
改めて映像で演奏している姿を見ると、やっぱりね、良くも悪くも普通じゃないよなって思います。
(そういう場面を選んで映画にしたのかもしれないけどね)
天才であるが故の苦悩、なんてたまに耳にしますけど、まさにそれ。
周囲のミュージシャンも、リスナーも全く新しい形のアーティストの登場に驚き、
高揚したにもかかわらず、時代とビジネスがついていけず受け入れられなかった。
その悲哀と焦燥がスクリーンの中から伝わってくるようで"心の中で泣けた"作品でした。
一方で登場するあらゆるミュージシャンからの賞賛の言葉を聞くたびに
同じ楽器奏者である誇りを感じずにはいられませんでしたね。
バックで流れるジャコの音楽で、聞いたことがなかったものもあり、改めてCD買ってみたりしてます。

12月14日(水)
学生時代の先輩であり"孤高のジャズギタリスト"Gary長山さんの師匠である
東海林由孝さんのライブを観に行きました。
ギター、ベース、ドラムのお三方による演奏と
おしゃれなお店の雰囲気とが相まって、とってもゆったりとした豊かな時間を過ごすことが出来ました。
Garyさんとも一年ぶりに会ったんですが、ここで思わぬ情報を知らされました。
4日後の18日に、学生時代に所属していたサークルの創設40周年式典があるという。
5年おきに行われているイベントですが、3年前に引越してしまったので僕のところには連絡が来なかった模様。
Garyさんから連絡先を教えてもらってメールで問い合わせたところ、参加しても大丈夫ということで
ギリギリで出席することになりました。

12月17日(土)
音楽とは全く関係なく、毎年恒例、仮面ライダーの映画を観に行きました。
今回は9月に最終回を迎えた仮面ライダーゴーストが主役、現在放送中の仮面ライダーエグゼイドが準主役って感じでした。
去年の映画(仮面ライダードライブ&ゴースト)もなかなか良かったわけですが
今年はストーリーもさることながら、ウィザード、鎧武、ドライブも登場、
さらにさらに、ウィザードとドライブは、変身前の操真晴人、泊進ノ介もちゃんとストーリーに絡んで
がっつり変身シーンも見せてくれて、決して取ってつけたような扱いになっていないという、
かなり良く出来た内容でした。
ドライブに関しては本編最終回でベルト自体がもう取り出せないところに封印されているので
どうやって変身するんだよう!と思っていたんですけど、
なるほどね、"神様"になった鎧武ならなんでも出来ちゃうからベルトを持ってくることが可能なわけね。
ずるい・・・けど上手い(笑)
仮面ライダー5人が並んで(鎧武は変身した状態でのみで出演)横並びで一斉に変身するのは圧巻!でした。
見終って、さて帰ろうかなと思ったら、スクリーンの前に立った人(多分映画館の従業員かイベント企画の人)が
「これからイベントを行いますのでお時間ある方は是非残ってください」と言うんですね。
お時間無かったけど(笑)残ったらなんと!仮面ライダーウィザードとエグゼイドが現れました。
c0035093_20305503.jpg

c0035093_20305707.jpg

c0035093_20305997.jpg

最初はスクリーンの前でポーズを決めてたんですけど、
客席の間の通路を上がってきてちびっ子と握手したり写真を撮らせたり。
僕はほぼ真ん中の席に居たのですが、まさかあんな近くで仮面ライダー2人を見られるなんて思いも寄らなかった。
ほんとにラッキーだったなあ~。
近くで見るとめちゃめちゃかっこいいですよ!
出口でも2人が見送ってくれたので、とりあえずウィザードとは握手しました(←)

12月18日(日)
で、前出のサークルの40周年記念式典です。
キャンパスに行くこと自体が5年ぶりになるわけですが、
今回は地下鉄を使わず、巣鴨駅から学校まで歩く"巣鴨歩き"で向かいました。
途中で"千自(千石自慢らーめん)"を食べる魂胆でしたが、昼時で混んでいたので断念。
正門から見るとまた建物が増えていて、かつてこの地で我々と一緒に過ごしたモノは全くありません。
このイベントは昼間はOB、現役のバンドがライブを行います。
c0035093_20330679.jpg

↑このフラッグ、僕が現役の頃から使ってるやつなんですよ。
代々受け継がれているんですね。感激だなあ。
今年は(今年もか)僕の先輩方のバンド、SLOW CLUBが出演するって言うので楽しみにして行きました。
ライブはすごい良かった・・・。おふざけ無しでしっかりオトナの先輩感を出してました。
現役も含めて若い子たちのバンドはすごく上手いんですよ。
今の若い子はみんなこんな上手いのかしら?
僕が卒業して何年も掛けて習得したものを、あっさり身に付けてる感じ。
すごいよなあ。
ライブの後、でかい学食(っていうのも気が引けるほどきれいでおしゃれ)で立食パーティがあって
なぜか本格的なカレーをたらふく食べました(笑)
今回は僕の知っている後輩は参加者ゼロ。同期もゼロ。ひとつ上と二つ上の先輩がひとりずつで
僕が1年生の時の4年生の方々とその上の方々で固まっていたので、
要するに名前くらいしか存じ上げない先輩方と一緒にいたということなんですね。
久々の"下っ端"を味わいました。
その後居酒屋に行ったんですけど、とりあえずワリ勘して、会計してくれた先輩が
「おーい、この中の最年少誰だ?」というので、何かあったかと思って「ハイ、俺です」と言ったら
余った小銭をくれたんです。
昔はこういうことはよくあったけど、まさかこの歳でね(笑)
いつになっても先輩はかわいがってくれるし、後輩は立ててくれるし
本当に先輩・後輩には恵まれてるなって思います。
小銭も元気もいただきました。
今年もあと一週間。がんばって乗り切ります。

[PR]
# by CHDproduction | 2016-12-22 20:20 | from Ordinary Days | Comments(2)

続・足下を見てください

さっき気付いたんですけど、
ちょうど一年前に同じタイトルで同じような内容を投稿してました(笑)

現在自宅で楽器を弾くくらいしか活動ができていない僕ですが、
先日ふと、使っていないエフェクターやパッチケーブルでもう一組ボードが作れないかと思い、
一番小さいエフェクターケースを使ってやってみました。

僕の場合、とりあえずコンプレッサーとチューナーがあればいいので
ここ数年使っていなかったAPHEXのPunch Factory(旧型)と26年前に買ったBOSSのアナログチューナーと
これまた15年くらい前に買ったBOSSのリバーブを並べて・・・。
音質が下がってしまうことがわかっているこのジャンクションボックスですが
まあせっかくなんで(笑)この際これも使って・・・。
偶然ですがパッチケーブルがCAJ(←ケーブルのブランド名です)で統一されて
そこそこいい感じになりました。↓
c0035093_00123842.jpg

ベース

ジャンクションボックス

ループセレクター
 →チューナー

コンプレッサー

リバーブ

ジャンクションボックス

ね?
まあ直列接続でバッファも無いけどこれはこれで良くない?(笑)
ちなみにメインのボードは↓こんな感じ。
c0035093_00124188.jpg

ベース

ジャンクションボックス

バッファ(兼ブースター)

Magical Force

コンプレッサー

スイッチャー
 →チューナー
 →プリアンプ(歪みで使用)
 →マルチエフェクター

ジャンクションボックス

こちらはパッチケーブルの統一はあきらめました(笑)
EX-PROのパッチケーブルのこのシリーズが製造終了になっていてもう手に入らないっていうのもあって
本当はソルダーレスケーブルできれいに統一したいんですけど
そうなるとコツコツ買いためてきた決して安価ではないケーブルたちが無駄になっちゃう
ということで、多少長さが合わなくても所有しているものでまかないました。
グランドループがどうとかそういうのは問題になったら考えます(⬅)
さてこの二つのボード、どうやって使い分けようかな♪
ってその前にスタジオに入る機会が無いとな・・・。

[PR]
# by CHDproduction | 2016-11-30 00:04 | playing the Bass | Comments(0)

またまたひと月ぶりの更新。
先日、2年に一度行われる楽器フェアに行ってきました。
前回、南波志帆見たさにがんばって午前中から東京ビッグサイトに行ったんですが
今回は特に下調べもしませんで、昼過ぎから細君とぶらっと行ってきました。
c0035093_18580910.jpg

例年だと展示してある楽器の写真をたくさん撮ってSNSにアップするところですが
最初に一枚撮ったらなんとなく無駄な行為のような気がしてやめました(笑)
c0035093_18581363.jpg

もちろんたくさんの楽器が展示してあったんですけど・・・。
特にギターとかベースとかは、以前は楽器のブランドごとのブースがたくさんあって、
そのブランドの最新機種が展示してあって・・・という感じだったんですけど、
今回はブランド単位ではあまりブースが無くて
例えば島村楽器とか、BigBossとかそういう大手の楽器店のやや広めのブースの中に
いろんなブランドの楽器が並べてある感じでした。
前回あたりから"購入できる"ようになったせいなのかもしれませんが
あれだと楽器店に行ってみるのとあまり変わらないんじゃ・・・。
流石にYAMAHAとかESPとか有名なブランドは大きいブースで派手に展示してあって
これまでの楽器フェアのイメージに近い感じだったんですけど
「えーこんなブランドが店(ブース)出してる!」みたいなのはあまり見受けられませんでしたね。
知る人ぞ知るブランドが小さいブースで展示してあるのが楽しかったんだけどなあ。
そこに有名なプロの方が来ていて演奏聴けたりしてね。
c0035093_18581668.jpg

↑ベーシスト村田隆行氏。Warwickのブースにいらっしゃいました。

今年もプロの方々が至るところで演奏してたんですけど、それは面白かったです。
c0035093_18581770.jpg


管楽器のエリアはすごく良かったように感じました。
多分、吹奏楽をやってる(やってた)人が試奏していて、
例えばちょっと遠くから皆でやってきたと思われる中学生くらいの吹奏楽部員の一団とかね。
楽しそうだなあと。
これ見よがしなおじさんも結構居ましたけど(笑)

吹奏楽団員である細君と僕とは見たいエリアが違うので、到着してすぐに別行動にしたんですが、
上記のようなこともあって僕は早々に一通り見てしまって時間を持て余す感じでした。
細君と合流してからは普段あまりお目に掛かれない楽器を試奏させてもらったり、
アウトレットコーナーを物色したり。
3時間くらいでしたけど、時間的には十分でしたね。
そうそう、高校の授業以来30年ぶりにバイオリンを弾いてみたんですけど、面白かったな。
せっかく来たので、アウトレットコーナーで何か買いたいなあと思って見ていたら
5弦ベースの弦が2つ残っていて、1セット1000円だったので1つ買おうとしたんですけど、
スタッフの方が「2つ買わない?1つ800円にするから」って言うので(笑)2セット買いました。
細君は細々買ってましたが僕はこれだけ。

これから新しい楽器を買う予定、買う余地があるんだったら超楽しいかもしれないけど
竿(ベースとかギター)自体はもう買わないだろうなあと思っているので今ひとつ楽しめなかったのかもしれません。
それとやっぱり、もっといろんなブランドがそれぞれでブース出してくれないと基本的に面白くないかも。
次回は2年後だと思うんですけど・・・そうだな、好きなアーティストがライブするようなら行ってみようかな。

[PR]
# by CHDproduction | 2016-11-08 18:44 | in the Music World | Comments(2)

おあげレベルアップ

ひと月近く更新してませんでした。
職場が移転してからはそこに通うのに慣れるのがなかなか大変で。
正直、体調が良いとは言えないんですよね。
それに、音楽的にも表立った活動はしてませんし、特に書けるような出来事も無くてですね。
FacebookにしてもTwitterにしても、おあげ(←犬)の写真ばっか貼ってます(笑)
で、今日はそのおあげの話。
c0035093_19222012.jpg

黒柴犬のおあげは3歳の女の子。
極度の怖がり、かつ気難しく神経質な子で、
僕も細君も(特に細君は手も脚も傷だらけです)何度となく噛まれてきました。
噛まれて血が止まらなくてタクシー呼んで病院に行ったことも数回あります。
解決法や躾の方法を書籍やネットで調べまくったのはもちろんですし、
躾の先生に来てもらったり、躾教室にも通ったり、
ずっとおあげに合った躾・トレーニングを探してきました。
しかし、誰かに相談してもほとんどの人は、飼い主の躾が悪いという結論で
アドバイスどころか時には嫌なことも言われたり・・・
自分たちのせいで噛む犬になってしまった、どうしたらいいんだろうと本当に悩みました。
そんな中、細君が犬の行動治療という治療を見つけ、受診させたいということで
藁にもすがる思いで東大で動物行動治療の先生の診察を受けました。
そして検査の結果、ある病気の発作が狂暴になる原因になっていたということがわかり
一年ちょっと投薬を続け、おあげの行動はだいぶ穏やかになりました。
ここ数ヶ月は自分の体の一部(顔や手足やお尻)を僕や細君にくっつけて寝たりごろごろしたりしてくれるようになり
楽しそうに笑う場面も増えました。
遊んでいるおもちゃを「ちょうだい」と言えば渡してくれますし、
こちらから「○○持ってきて」と言えば指定したものを咥えて持ってきてくれます。
おやつが欲しくて要求してきても何度か「待ってて」と言えばテーブルの下で伏せて待ってくれます。
犬をきちんと躾けられる人にしてみればどうということはないことでしょうけど
ウチではこういった行動をしてくれるまで本当に時間がかかりました。

さて先日の朝、おあげにご飯をあげようとしたところ、
おあげ用のお皿(子犬の時から使っているプラスチックの小さいもの)が見つからなくて
何気なく「あれ?お皿が無いな」と独り言を言ったら
おあげがケージから出てきてカーテンの陰からお皿を咥えて持ってきてくれたのです。
僕はあくまでも独り言を言っただけで、おあげに対して話しかけたわけではありません。
全然違う方向に向かってつぶやいただけ。
それでもおあげは僕がお皿を探している、という状況を理解して、お皿を持ってきてくれたのです。
そりゃあ「お皿」というキーワードが聞こえたでしょうけど
「持ってきて」とコマンド(命令)を出して持ってきてもらうこととは全然違います。
これにはとても驚きました。こんなことが出来るなんて!
そして涙が出るほど嬉しかった。

相変わらず怖がりですし、アレルギーもあるし、まだまだ問題行動もあります。
でも、ここまでいい子になってくれて本当に嬉しいです。
噛まれても噛まれても、血だらけ傷だらけになっても
「おあげは本当はいい子なんだよ」と言って世話をしてくれる細君には感謝しています。

犬を飼っていて、噛む・吠えるなど問題行動で困っている方は、
自分の躾のせいで・・・と悩んだり自分を責めたりしないで、犬の行動治療の先生に診てもらってください。
おあげのように実は病気が原因である可能性があります。
病気が原因であれば躾でどうにかできることではありません。
もちろん、発作を抑えるためにはずっと薬を飲み続けなくてはいけませんが
それは持病があれば人間だって同じこと。
家族が楽しく穏やかに暮らすために、手を尽くしてあげたいものです。
c0035093_19222308.jpg


[PR]
# by CHDproduction | 2016-10-11 19:08 | Days with a dog | Comments(2)

灼熱の「月に吠えろ」

今年も福生の横田基地で開催された日米友好祭に行ってきました。
昨年は夕方から行って、すごい人出で最寄り駅から通常徒歩10分のところを30~40分くらい掛かってしまったので
今年はひとつ手前の駅から向かいました。
午前中だったこともあって、普通に歩けました。20分かからないくらい。
なんでまた午前中から行ったのか、というと
会場内でライブステージがあって、そこでSLUM ROSEがライブをすることになってたから。
これまでもこのブログやそちこちで言ってますけどね、
アテクシがSLUM ROSEのNATSUKIさんにこういうイベントがあるけど応募してみない?って勧めたのが発端です。
それが審査を通ってライブできることになったわけですから、そりゃあ見に行かないと、でしょ。
細君もしばらくSLUM ROSEのライブを見てないし、比較的ウチからは近い場所ですから
連れて行かない手はありません。
もっと言うと、実はこの日は出勤要請が出てたんですけど、早々に断って楽しみにしてたんです。

が、暑い・・・。
この日はここのところ見られないくらいの晴れで真夏のような日差し。
台風の影響で雨になるとか言われてたのに、そんな心配全く不要でした。
9月に入ってるし、暑いったって大したことはないだろうと
普通にTシャツで帽子も被らず、日焼け止めも塗らないで行ってしまったのは大きな間違い。
基地内は滑走路とか飛行機のガレージとかがあるところですから
とてつもなく広い上に日陰が無い。
じりじりと日焼けしてしまって、顔と腕と首はあっという間に真赤になり、日焼けと言うより火傷って感じ。
元々日光アレルギーなので、酷くなると湿疹が出て大変なことになるので
飲み物のボトルで冷したりしながらライブの開始を待ちました。
ライブが始まった後は上手い具合に雲が出てきてかなり楽になったんですけど
客席であの暑さだと、トレーラーステージの上はとんでもない暑さになっているだろうと想像できます。
(一応、経験者ですので)
終始Rukaちゃんの顔が赤くて大丈夫なんだろうかと心配になるくらいでした。

ライブは、ですね、すごい良かったです。
まず音響が良かった。
野外ですし、決して良い条件ではないはずなんですけど、全てのパートの音がちゃんと聴こえてましたし
バランスも良かったと思います。逆にちょっとクリアすぎるかなと思うくらい。
そして今回、ドラムを叩いたのはTHE KEY PROJECTの工藤哲也さんだったんです。
やっぱりすごいですよ。
曲によってはテンポやアレンジをちょいちょい変えてあったんですけど、
それにしてもプロが叩くとこんなに変わるんだ!と凄さを実感しました。
僕の予想ではもう少し外国人の方々が集まってくるはずだったんですけど
日本人のお客さんが多かったですね。ウケは良かったと思います。
なによりメンバーの皆さんが楽しそうで・・・。
炎天下、午前中の太陽に向かって叫ぶ「月に吠えろ」もなかなか良かったですよ。
来年は"あの"バンドを出演させたいですねえ~。
いや、絶対審査を通るはずだ!
c0035093_18254714.jpg

c0035093_18255170.jpg

c0035093_18255590.jpg


[PR]
# by CHDproduction | 2016-09-19 18:05 | in the Music World | Comments(2)

今の職場は京浜急行沿いの川崎と蒲田の間ぐらいのところにあるんですけど
このたび会社自体が移転ということで、今週に入ってフロアに段ボール箱が溢れております。
僕がここで働くようになったのは13年半前で(まだ独身だったなあ)ずーっと同じフロア、同じ席で仕事をしています。
たくさんの方がやって来てはいつの間にか居なくなって僕より古い人は数えるくらいしか残っていません。
引越すに当たって自分の席の机の中身を整理したんですが、それこそ13年前に作成した書類とか
わんさか出てきてびっくりです。
確かに、紙類はほとんど処分することは無かったから、古い書類が残っていても不思議じゃあないんですが
逆によく引き出しに全部収まってたなと。
奥のほうからは2005年度版のIT用語辞典が出てきて、
開いてみると「ISDN」とかの説明が書かれていたりして(笑)
この頃はまだ会社のパソコンがネットに繋がっていなかったから
調べ物は自分で買ってきた本でやるしかなかったのよね。
だから当時のSE(システムエンジニア)の方の机には"使える"本がずらっと並んでいたものです。
ついこないだの風景のような気がする反面、13年の時間の長さを感じてます。
そういった書類や古い本を廃棄処分にしてしまうと、机の中はほとんど空っぽです。
サンダルやひざ掛けを詰めても自分の荷物は段ボールひと箱で収まってしまいました。
13年半でもひと箱かあ・・・まあ職場の荷物なんてそんなもんなのかな。

この街を離れることに特に感慨も無いんですけど(←)
すぐ側にあるラーメン店に行くことがなくなるというのがちょっと残念かな。
味噌派の僕が一番好きな味噌ラーメンなんですよ。
(札幌ラーメンらしい)
平日は昼食は食べないんですけど、
休日出勤のときはその店でラーメンを食べることをモチベーションにしてましたから(笑)

そんなわけで来週から新しい職場になりますが、通勤時間は今より少し長くなってしまうようです。
今だって片道丸2時間掛かるんですけどね。今度は更に徒歩の距離が加わってしまいます。
一日の1/6を以上を移動で費やしてしまう、アテクシの人生って・・・。

[PR]
# by CHDproduction | 2016-09-15 19:20 | from Ordinary Days | Comments(0)