控え室はVIPルーム

3月1日より出向の任が解け、勤務地も仕事の内容もがらりと変わり
ブログを書く余裕ができました。
といっても頻繁に更新するようになるわけではないでしょうが(笑)

年が明けて既に丸2か月経ってしまって今更な話なんですけど
ちゃんと書いておきたいことなのでまた長々と書きます(←)

1月、2月でヨシダアキヒコ"PASSIONE"は大井競馬場でライブをするという機会をいただきました。
大井競馬場では昨年末より、
夕方から夜にかけて大規模なイルミネーションイベントを開催してるんですね。
"メガイルミ"っていうんですけど。
c0035093_12492820.jpg

これが結構な大きさでして、順路を辿っていくと40分はかかるくらいの規模。
そのイルミネーションを抜けて出口の付近に屋外ステージがあって
そこで1月12日、13日、20日、2月9日、10日、3月21日という予定でした。
残念ながら2月9日は雪のため、3月21日は諸事情によりライブは中止となりましたが
一日、30分のステージを2回、合計4日で8ステージ行いました。

あくまでもメガイルミイベントの一環としてのライブということで
自分たちのオリジナル曲は1曲程度であとはほぼカバー曲というセットリスト。
以下から1ステージ5曲を選択しました。
・Can't Take My Eyes Off You
・決戦は金曜日
・歩いて帰ろう
・ラブストーリーは突然に
・花唄
・赤いスイートピー
・やさしさに包まれたなら
・LOVE(オリジナル)
・冷たい雨(オリジナル)

PASSIONEとしてのライブはスケジュールの関係で山ちゃんのほかに2人のドラマーがサポートしてくれました。
(スケジュールが合わないときにすぐにサポートメンバーが決まるあたりはアキヒコくん、さすがです)
といってもボーカル&ギター、ピアノ、ドラム、ベースの編成は変わらないわけで、
オリジナル以外は結構アレンジを練りましたね。
そんなわけで、いつもこのバンドではフレットレスベースを使っていますが
メガイルミのライブは久々のBladeくんの出番となりました。
c0035093_12483863.jpg

アキヒコくんはもちろんですが、PASSIONEはピアノの出口さんもソロで活動してる人なので
アレンジ力(りょく)がすごいんですね。
なもんで、アレンジを練る時に「こうしたい」「じゃあこうしよう」というのがどんどん出てくるのね。
準備期間が意外となかったのでバババっとアレンジしたわりに結構良い感じだったと思います。
「歩いて帰ろう」「花唄」なんかは割とオリジナルに近い感じでしたけど
「決戦は金曜日」あたりは全然違う曲みたいになりましたね…。

真冬の夜に屋外ステージってどんだけ寒いんだよっていうことで
寒さ対策はかなり入念にしてたんですけど、
手がかじかんで弾けないとかそういうのは全然なくて、むしろ寒さはほとんど気にならなかったです。
数年前にHIRYUで埼玉県行田市で酉の市ライブをやったときも、冬で屋外でしたが
全然寒いと思わなかったから、そういうもんなのかもしれません(僕はね)。
ライブを見てくれたお客さんたちは寒かったかもしれませんね。
初日なんか雨降っちゃったし…。
そんな寒い中、足を止めて見ていただいた方々にはただただ感謝です。
お客さんはカップルや小さいお子さんがいるファミリーが多かったんですけど
小さい女の子がお父さんと一緒に僕らの演奏に合わせて踊ってくれたりして
演奏している側もとても楽しくライブできました。
またやりたいな~。
c0035093_12490507.jpg

c0035093_12490565.jpg

こんな感じで、年明けからポンポンとライブがあったんですが
ヨシダアキヒコ"PASSIONE"としましては今のところ次のライブは未定です。
あ、でも、アキヒコくんがずっと昔からやっているバンド"breed"が今年20周年なんだそうで、
そのメモリアル的なライブイベントを企画したい…って言ってました(笑)
ちなみにメガイルミライブのサポートドラマーの一人はbreedの斎藤さんだったので
そういった意味でもbreedのライブは見たいかも。
(PASSIONEはアキヒコくんのソロプロジェクトなのです)

僕としては今決まっているライブは…一応あるんですよ。(下記参照)
4月のパルテノンは要するに"クリィミーマミの曲をやるバンド"のことで
昨年9月の初ライブ以来のステージですが、
某企業の(って名前出しちゃってるけど)軽音楽部の発表会的なライブに便乗させていただくような形…なのかな?
会社の中に公認で軽音楽部があるってすごいよねえ…。
きっとご家族の皆さんがたくさん見に来るんだろうなあ。
5月のユリパワ(YURINA"POWER"SESSIONS)は毎年この時期に催されるイベント"POWER OF GROOVE"に昨年に引き続き2回目の登場です。
こちらも昨年9月の川口ジャズフェスティバル以来のライブになります。
っていうか、ユリパワは今年からは別なメンバーでやるって勝手に思ってたから、声がかかってちょっとびっくりでした。ありがたや~。
プロフェッショナルな若手(20代)たちと一緒に再びフュージョンやります。
…結構大変なのよ。みんなめっちゃ上手いから(笑)。いや、その分面白いんだけどさ。

ということで、とりあえず花粉、どっか行け。


*** CHDの今後のライブ予定 **************************
●2019年4月14日(日)
CHD出演バンド:パルテノン
場所:立川 A.A.カンパニー
開場:14時00分 開演:14時30分
出演:航空電子軽音楽部、パルテノン

●2019年5月4日(土祝)
CHD出演バンド:YURINA"POWER"SESSIONS
イベント名:POWER OF GROOVE
場所:西川口 HEARTS
詳細未定


# by CHDproduction | 2019-03-06 12:47 | playing the Bass | Comments(0)

宝島

「宝島」って曲、知ってます?
T-SQUARE(当時はTHE SQUARE)の1986年の春頃発売のアルバム「S・P・O・R・T・S」に収録されてる曲なんですけどね。
当時のSQUAREはベースは田中豊雪さんで超絶若手ドラマーで鳴り物入りで則竹裕之さんが加入した最初のアルバム。
また、初めてデジタル機材を全面的に導入したというものでした。
1986年、僕はベース始めて半年近く経った頃
そろそろチョッパー…スラップのことね…を練習しようと思い立って、練習曲を探してたんですが、
ちょうどその頃に何かの雑誌でこのアルバムが発売になったのを知ってこれでいこうと決めました。
CASIOPEAはとても弾けそうになかったけど、
当時のSQUAREは8ビート主体で馴染みやすいメロディで
初心者でも取り組みやすいかなという理由です。
レンタルレコード店から「S・P・O・R・T・S」のLPレコード借りてきてクロームのカセットテープに録音して(時代だねえ) 
耳コピなんて全然できなかったからバンドスコア買ってきて
アルバムの1曲目からベースのコピーを始めました。
正直大変でした。
チョッパーの音がちゃんと出せないくらいの丸っきりの初心者でしたからね。
そもそもチョッパー自体どうやって弾いて音を出してるのかもあんまりよくわかってなかった(笑)
でもね、毎日夢中になって叩いてると少しずつ弾けるようになっていくんですね。すごい楽しかった。
この「S・P・O・R・T・S」のB面1曲目はベースは打ち込みの曲(「Drop Goal」)でしたし、
最後の曲(「Passage of Clouds」)は5弦ベース使ってたので練習曲から除外しまして、
なんとかかんとか弾ける曲を増やしていったんですが
「宝島」は他の曲より明らかに16ビート感バリバリでまさにラスボスって感じでした。
今の自分じゃ無理かな…と諦めようとも思ったんですが
若かったんですね(笑)がんばりまして、時間は掛かりましたがどうにかこうにか一曲通して弾けるようになりました。
これはかなり自信がつきまして、
それまで大っぴらに「チョッパーできます」って言えなかったんだけど
「宝島」が弾けるようになってからはチョッパーできるよって言えるようになったんです。
なもんですから「宝島」は僕のベース歴のなかでも結構ポイントになる曲なんですね。
で、月日は流れまして…
ウチの細君は吹奏楽団に所属してるんですが、
その細君から、吹奏楽ではこの「宝島」は定番中の定番曲なのだということを聞いてすごいびっくりしたんです。
フュージョンの曲なんてバンドやってる楽器小僧しか知らないだろうと(笑)思ってまし、
なぜ「宝島」が吹奏楽の演奏曲としてチョイスされたのか全然わからない。
でも本当に定番曲なんですよ。吹奏楽やってる(やってた)人はみんな「宝島」を知ってる。
細君の所属する吹奏楽団の演奏会でも何度か演奏を聴かせていただきました。
サンバ風アレンジになってるんですね(なんでだ…)
オリジナルには無い展開もあります。
オリジナルではピアノソロになってる部分はサックスでほぼそのまま吹いてました。
ベースは…エレキベースで演奏されてましたが、スラップはしないみたいですね。
(そもそも吹奏楽ではスラップ自体しないのかな)
先日も演奏会聴きに行ったら「宝島」やってたんで、久々に弾いてみたくなりました。
今ならあの頃よりは上手く弾ける…ような気がします。

「宝島」THE SQUARE(CD音源が見つからなかった)
https://youtu.be/cqL80ARg4_c


# by CHDproduction | 2018-12-25 19:57 | playing the Bass | Comments(0)

いつの間にか11月…

5ヶ月ほど更新してませんでした。
いや、もうブログやめようかなとも思ったんですけど
SNSやってない方々にはここでしか情報発信できないから思いとどまりました。

7月にそれまで14年通っていた職場から離れました。
新しい職場は、最初の一週間くらいは定時であがってたんですけど
そのあとは残業、休日出勤バリバリで数字だけでいうと正直過労死レベルでした。
だけど、前の職場と違ってチームの皆さん良い方々で
仕事以外のストレスが無かったのでがんばれました。
今月からはそのチームの一部のメンバーと一緒にまた別の勤務地で仕事しています。

そんな中でも音楽活動はしていて
その頃は5バンド掛け持ちしてました。
・ヨシダアキヒコ"PASSIONE"
・YURINA"POWER"SESSION'S
・STRUT-STRUT
・Lien Lotus
・パルテノン(マミバンド)
5バンドといっても普段は動いてるのは2バンドくらいなので
土日祝日しか活動できなくても、そんなに大変じゃないんですが、
この夏は5バンド全てライブがあり、
当然それに向けてのリハがあり、
休日出勤があり、で体も大変でしたがそれ以上にスケジュール調整が大変でした。
(いろいろ調整してくれた各バンドのメンバーには感謝です)
休日出勤して一端帰宅してすぐ機材持って出掛けるなんてのはしょっちゅうで
一日でスタジオをハシゴしてリハ3つこなしたりとか。
まとまった時間があったら仕込みと練習しないときけなかったし
全然休む暇はありませんでしたね…よく体がもったなと思います。

7月からリハが増え出して、8月~9月はライブが続いたわけですが
どのライブも楽しかった。
パルテノンは結成してから数年経っての初ライブでした。(使用ベース:XOTICさん)
STRUT-STRUTは学生時代の大先輩とのコラボレーションで、ご一緒できること自体が光栄でした。(使用ベース:CELINDERくん)
YURINA SESSIONは5月にライブしたインストのフュージョンバンドですが、
またライブできるとは思ってなかってし、
川口ジャズフェスティバルなんて、自分がジャズのイベントに出演できたことも本当に嬉しかった。(使用ベース:CELINDERくん)
PASSIONEは10月以降もライブがあって、
新潟県三条市まで遠征してきましましたし、
こないだの11月2日には一年ぶりのワンマンライブも敢行しました。(使用ベース:Fender JB フレットレス)
Lien Lotusは、夏のライブのあとボーカルが体を壊してしまい、活動ができなくなりましたが、
先週、新ボーカリストと初顔合わせして、また動き出せそうです。(使用ベース:XOTICさん)

PASSIONEのワンマンライブで今年のライブ納めかなと思っていたんですが
12月に水華のかりんちゃんのイベントで数曲弾かせていただくことになりました。
ありがたいですね。
こんな感じで次に更新されるのがいつになるか皆目見当がつかないんですが、
ちょいちょい見に来ていただけると嬉しいです。

相変わらずの長文ですいません。
c0035093_11023422.jpg

c0035093_11023480.jpg
おまけ
この夏、よく聴いた曲はこちら
https://youtu.be/hjuQHYuOjfo
https://youtu.be/Q2yMktQ6OUo

# by CHDproduction | 2018-11-17 09:26 | playing the Bass | Comments(0)

四ッ谷に集う

先月、学生時代の先輩であるゲイリー長山さんとNARUさんのデュオのライブを観に行った話を投稿しましたが
その際に、8月に我々が所属していたサークルOBでライブイベントを企画しているという話をお聞きしたんですね。
「CHDも自分のバンドで(ライブに)出ていいよ」って言われていたんですが、せっかくなのでサークル出身の方と何かやりたいなと思いまして。
会場はライブハウスではなくカウンターバーと言いますか、爆音奏でるようなところじゃないので
いろいろ考えて、そうだこういうことはししょうなら何とかしてくれるぞと(笑)思って数年ぶりに連絡を取ってみました。
ししょうとはもう10年くらい前(?)に"サトウヤスハルとCHD"でデュオでやってましたし
その後6年くらい前まではドラムの三郎くんとししょうと3人で活動してましたが、立川でライブしてからは年賀状のやりとりだけになってたんですね。
事情を説明すると即OKのお返事をいただいた・・・のですが、なんとドラムを叩きたいと。
そうなんですよ、初めてししょうと会ったころ(29年前ww)はししょうはドラム叩いてたんですよね。
面白い展開になったと思ったんですけど、ドラムとベースじゃあライブは出来ないので、メンバーを追加する必要があるわけでして。
・・・で紆余曲折あって(笑)、紹介していただいたのは学年でいうと6つ上の大先輩(僕の2コ上のししょうが1年生の時の4年生の方)で
もちろん直接お会いしたことはありませんが、お名前はバッチリきいたことのある方、リッチー荒川さん!
これは流石に全く予想できない展開でした。
そりゃそうだよね・・・先輩方からしてみればなんで荒川さんとCHDが組み合わさったんだ?って感じでしょうね。
それで先日、顔合わせも兼ねて打ち合わせをしてきました。四谷のファミレスで。
選曲したり当時のサークルの話をしたりであっという間の3時間でした。
荒川さんはだいぶ控えめなことをおっしゃってましたけど、いや絶対凄い人だと思ってますよ、僕は。
そもそもストラトキャスター30本くらい所有してるっていう時点でもう普通じゃない(←すいません(汗)でも良い意味で、ですよ!)
ししょうも荒川さんと一緒に演れるということでとても嬉しそうでした。
僕個人としてはいろいろ仕込まないといけませんが、ししょうのドラムで弾くのもやはり28~29年ぶりだと思うんだよなあ。
どんな風になるかとても楽しみです。


# by CHDproduction | 2018-06-11 20:11 | from Ordinary Days | Comments(0)

移動は熱唱

昨日は両国SUNRIZEでLien Lotusがライブでした。
観に来ていただいた皆様、ありがとうございました。
Lien Lotusはメンバーの顔合わせからまもなく一年ということで、
我々なりに成長しているところをお見せできたのではないかと思っています。

・・・今回、これまでと大きく違うことがありました。
それは、コーラスを入れたということ。
そうなんです、これまではボーカルDP(ダッピ)さんが独りで歌っていたのですが
今回はRengちゃんもキーボードのMarさんも僕もコーラスをやりました。
ライブでコーラスやるって僕としては何年ぶりですかね・・・HIRYU辞めてからはやってないし
そもそもベースを弾いてるときは歌うことはなるべく避けてきたので
個人的にはだいぶがんばった感じです(笑)

かつては週二、酷い時には週三でカラオケボックスに"通っていた"僕ですが
ここ10年以上は年に一度行くか行かないか程度になり、
他に歌う場面も無いので、全然声が出なくなっていたんですね。
腹筋も有るんだか無いんだかわからん身体になっているので音程をキープできなくなり
曲の後半になると声がひっくり返って歌えなくなったりとか。
更に加齢で声がだいぶカスカスになっていて、高音に全く艶がなくなり、
喉も弱くなってHIRYUでコーラスやっただけであっという間に声が枯れるという醜態ぶりでした。
上手く歌えないから歌わない→もっと歌えなくなるという悪循環ですな。
しかし、今回はコーラスをちゃんとやろうというバンドの方針で結構声を張らないといけない状況になり、さてどうしたもんかと。
いや、鍛えなおすしかないんだろうけど、本格的に訓練する時間が取れないので
リハに向かう車中で発声練習も兼ねて本気で歌うという、程度の低い安直なリハビリ(笑)を敢行しました。
Lien Lotusのリハは平井というところで"もうすぐ千葉県"くらいの地域でして、
僕が高速道路を使わずに車で行くと2時間以上掛かるんですね。
ライブがあった両国もやはり2時間弱くらい掛かるかな。
最近たまたま近藤マッチと西城ヒデキのベストアルバムを買ったばかりだったのでこれを使い
先週のリハのときは往復マッチ、今週のリハのときは往復ヒデキ、ライブ当日の往路では郷ヒロミと
感情も込めまくって徹底的に本気で歌い続けます。
・・・そんなのカラオケの練習じゃんと言われたらまあその通りなんですけどね。
ピッチに関しては、CDの歌とピッチが合うと共鳴して聞こえてくるのでそれで合っているかどうかを判断。
歌いまわし(コブシをきかせるとかビブラートとか)も可能な限り同じにします。
ヒデキ、ヒロミに関しては細かくたくさん"声をひっくり返す"歌い方をするので、それもやる。
極端な話、CDは鳴らしてるんだけど、何もかもぴったり合わせることで自分の歌でCDの歌が聞こえなくなるくらいのイメージね。
いや、こんなこと簡単にできたら苦労はしないんですがね(笑)
でも先週と今週でトータル6時間近く歌い続けたことになるので結構効果はあったと思いますね。
これを続けると野口ゴロウとか東野スミタダとかもまた歌えるようになるかなあ。

とりあえず、Lien Lotus、次のライブもまた両国で、という方向になってますが、
ちゃんと決まってから告知したいと思います。
c0035093_18523910.jpg

写真はいただきものです。

# by CHDproduction | 2018-06-04 18:49 | in the Music World | Comments(0)

新たなつながり

先週、学生時代のサークル(音系です)の先輩でジャズギタリストのGary長山さんが、
これまた先輩の女性ボーカリストNARUさんとデュオでライブをやるというので見に行きました。
Garyさんは学年でいうところの二つ上、NARUさんは三つ上の先輩になります。
アコースティックギターとボーカルのデュオと言ってもいわゆるフォークデュオじゃなくてジャズです。
Garyさんは年に一回くらいライブを見に行ってるんですが、NARUさんにステージはほとんど初めて見たといっていいと思います。
学生時代も僕が入学した時に4年生だったので歌っているところって全然見てないんですよね。
(4年生になると就職活動とかあるんで引退状態になるから)
でも、当時の屈指の女性ボーカルで、すごい人なんだよというのは耳に入ってきてましたんで、
今回はまともに見られる、聴けるということで、楽しみにしてました。
やっぱね・・・すごい良かったです。
ジャズの曲ももちろんですけど、ジャミロクワイも大橋純子も演ってしまうというね。
毎度言ってますけど、学校出て30年くらい経っても先輩がライブやっていて、
しかも、こりゃ敵わないなって思わせてくれるってありがたい話です。
観に来ていた中にも先輩方がいらして、たくさん話もできまして、実に有意義な金曜日でした。

翌日の土曜日は夜からLien Lotusの久々のリハがあって、帰宅したのは日曜の明け方だったんですけど
朝方に、やはりウチのサークルの、NARUさんと同期の女性の先輩、"ぐれえみ"さんから連絡がありまして
Lien LotusのドラムのRyoさんと、この春に知り合いになってたって言うんですよ。これは驚きました。
RyoさんとFacebookで繋がって投稿とか見てたら僕が居てびっくりというね(笑)
その先輩は短大の方だったので僕が入学した時にはすでに卒業されていたので関わったことは全然ないんですけど
数年前に僕が参加していた地元のバンドのメンバーが主催したセッション会に参加されていたりして偶然ですけど間接的に繋がりがあった方なんです。
現在も活動されていて、そうる透さんとも一緒に演ったりしてる凄い人なんですが
この度、やはり偶然Lien Lotusとも繋がった、と・・・いやしかし、学生時代のサークルとLien Lotusが繋がるとは思いも寄らなかったなあ。
長くやってるといろんなことがあるもんです。

連休中にライブしたPASSIONEもYURINAセッションも僕はメンバーのなかで最年長で、
親子ほど歳の離れた若いメンバーからたくさん刺激をもらっていろいろと反省したりしてたんですけど、
今回は諸先輩たちからたくさん刺激をいただきました。
ちょっとマジで練習・・・いや、訓練をね、したいですね。
と言いつつ、平日は何も出来ないし、土日も日々の疲れと入っている予定をこなすのでいっぱいいっぱいで、
結局いつまで経っても何も出来ないっていう流れになってしまいがちなんですけど
バンドの活動もちょっと落ち着いているので、なんとか時間を作ってやっていきたいですね・・・無理かな(笑)

*** 今後のCHDのライブ予定 **************************
●2018年6月3日(日)
CHD出演バンド:Lien Lotus(リアン・ロータス)
場所:両国SUNRIZE
開場:18:00
チケット:前売1,500円 当日2,000円 いずれも +1d(600円)
出演:
18:30 ライアーとしゆき
19:00 Bumble Klub
19:40 Lien Lotus(←ココ)
20:30 蟹畜生
21:10 BaCK WooDs


# by CHDproduction | 2018-05-28 22:05 | in the Music World | Comments(0)

GWダイジェスト

またひと月も更新してなかったのか。
もう腹括って「月刊」くらいの気持ちでいた方がいいのかな。

まず、今さらですがGWの話ね。
4月28日、29日とも5月5日のイベント「Power of Groove(POG)」に向けてのYURINA Sessionのスタジオリハでした。
で、平日が二日間あって、5月3日はPASSIONEのリハ。
で、5月5日はPOG本番。
自分の出番も含めてあっという間に終わってしまいました。
個人的には十数年ぶりのインストバンドでのステージっていうのが一番大きかったかな。
しかしまあみんな上手いね・・・凄腕の若手の方々に何とかついて行こうとがんばりました。
いや、あんな程度でしたけど、がんばったんだってば(笑)
連休中にひとつ歳をとって、更にいい歳したおじさんになりましたが
この歳で本当に良い経験をさせていただきました。ありがたいです。
<セットリスト>
1.決まらない
2.哀しみの戦士たち
3.After the War
4.想い出
5.大型犬
6.Wanchan Tonight
使用ベース:CELINDER J-Classic4(改)
c0035093_00575427.jpg


PASSIONEは、残念ながらトロンボーンのChihiroちゃんがスケジュールの都合で不参加でしたが
ピアノの出口さんの存在が凄くて、曲の感じがだいぶ変わりました。
こっちは例によってフレットレスで弾きました。
<セットリスト>
1.テーマ
2.変わらない朝焼け
3.シュレーディンガーの猫
4.ゼツボウノメロディ
5.星のかけら
6.birth
7.虚数時間
使用ベース:Fender Jazz Bass Fretless(改)
c0035093_01022547.jpg


2バンドとも僕は相当緊張してたんですけど、基本楽しくライブできたと思います。
出来はともかくとして(←)2つのバンドでフレッテッド4弦(しかもスラップ多め)とフレットレスという
全く種類の異なるベースを弾いたのは初でしたし、面白かったです。

個人的に特筆すべきは一番最初の池田さんの弾き語りと、やはりトリのRusty Knackle Headsですかね。
池田さんとは去年までArtery and Veinで一緒にやってたわけで、
演奏した曲もその頃にやっていた曲がほとんどでしたが
客席から池田さんが歌ってるのをまじまじ見たのって初めてだったんですよね。
いやーほんとにいい曲書く人なんだなあと思いましたね。
そして泣けた。
「道標」あたりからはなんだか泣けてきて仕方が無かったです。
こんな良い曲のベース弾かせてもらってたんだなと思うと本当にありがたかったです。

Rusty Knackle Headsは、今回CDが出来たということで、いわゆるレコ初ライブでもあったわけですが
このCDをゲットすることがこの日の目的のひとつでした。
年に一回くらいしかライブしてないのに、あんなに良いステージができるって凄いですよ。
僕の大好きなジャンルだしすごく期待してたんですけど、ちゃんと期待に応えてくれるんだよなあ。それ以上かも。
最後まで楽しめました。

そんな感じでGWは本当にあっという間に終わってしまいました。
なんだか戸田公園とか西川口付近にばっかり行ってた気がします(笑)

日常に戻ってすぐに、HIRYUで一緒だった橘さんから
某高校の軽音楽部の合同練習に参加しませんかというお誘いがありました。
(橘さんはこの学校に勤務されている先生で軽音楽部の顧問です)
昨年も参加させていただいたんですが、今年も声掛けていただきまして
これは嬉しかったですね。
(ギターの講師も昨年に続いて蓮ちゃんでした)
学校、校舎に入るってことだけでテンション上がります。
今回は指弾きのフォームとか、スラップの音が上手く出せないときに何がいけないのかとか
割と入門編みたいなことをやってみたり
ジャンルによる定番フレーズを紹介してみたり、結構盛りだくさんな内容でした。
生徒さんたちが素直に話を聞いてくれて、本当にみんな良い子たちでした。
c0035093_01004023.jpg

c0035093_01033041.jpg

その翌日はマミバンドのリハもありましたし、
このひと月半くらいは、ここのところの暮らしぶりと比較すると随分ベース弾いたなあって感じです。
本当はこういうのをずっと毎日続けたいところなんですけど、やはり仕事があるとそうもいかなくてですね・・・。

これで一息つけるんですけど、次のライブは決まってるんです。
6月3日(日)、両国SUNRIZEでLIEN LOTUSのライブです。
SUNRIZEっていつぶりだろう?
MTMのイベント以来かな?

*** 今後のCHDのライブ予定 **************************
●2018年6月3日(日)
CHD出演バンド:LIEN LOTUS
場所:両国SUNRIZE


# by CHDproduction | 2018-05-14 20:32 | playing the Bass | Comments(0)

先日、これまた久々にスタジオのハシゴをしました。
午前中は立川でマミバンドのリハ。午後から戸田公園でPASSIONEのリハ。
立川の場合はいつもは電車移動なんですけど、それぞれのバンド用にベースを持っていかないといけないので車で移動。
駐車場代高かったな・・・いや、もちろんわかっていたし、相場としてもそんなもんだとは思いますが、もう少し安くならないんだろうか。
リハ後、スタジオのロビーで15分くらい話して移動。
これがまた結構な渋滞で。
本当はどこかで軽く食べて行きたかったんだけど、そんな時間は無く
コンビニでおにぎり買って食べてスタジオにはギリギリで到着。

今回のPASSIONEは、ホーン隊がひとり減りまして二人になり、鍵盤(ピアノ)が入ります。
メンバーは今年1月のライブ以来でしたが、ピアノの出口さんとは初顔合わせ。
やはり別の楽器が加わると違う感じになりますね。実に面白い。
c0035093_20024551.jpg

c0035093_20024587.jpg

あ、写真を撮ってくれたトロンボーンのChihiroちゃんが写ってない…。
c0035093_20045265.jpg

リハ後は、みんなで近くの王将へ・・・餃子の王将・・・何年ぶりだろう。
とりあえず定食食べて・・・Yurina嬢だけが数時間後に同じスタジオでリハがあるということで、
その時間まで居ようかなと思ったんだけど、結局3時間以上居座りました・・・
すごい迷惑な客・・・居酒屋じゃあないっての。
僕は運転しないといけないからアルコールは飲みませんでずっと水を飲み続けましたが
結構注文しましたよ、ツマミ代わりの餃子。トータル餃子何枚頼んだかな?
マジでひたすら水と餃子。
あんなに餃子食べたのは十数年前に宇都宮に餃子食べに行って以来ですかね。
美味しかったです。口の中が油で気持ち悪くなってましたが。

今週末はいよいよYURINA"POWER"SESSIONのリハが始まります。
いろんな意味で楽しみであり不安であり。
久々のメインベース、CELINDERくんの登場です。
あーもっと個人練習の時間がほしいなあ。

5月5日の詳細出ました↓
僕は、ふたバンド続けて出演です。

*** 今後のCHDのライブ予定 **************************
●2018年5月5日(土祝)
イベント名:POWER OF GROOVE
CHD出演バンド: 
   ヨシダアキヒコ"PASSIONE"
   YURINA"POWER"SESSION
場所:西川口HEARTS
チャージ:2,000円
出演:(時間はおおよその目安です)
15:15 (開場)
15:55 池田秀史
16:40 SORAWL's
17:30 ガネコ with meisters
18:15 YURINA"POWER"SESSION ←ココ
19:00 ヨシダアキヒコ"PASSIONE" ←ココ
19:45 Redeemer
20:30 The Hooker's
21:15 Rusty Knackle Heads
21:45 Special Live
22:00 (終演)



# by CHDproduction | 2018-04-17 20:01 | playing the Bass | Comments(0)