マークシートはHB以上の鉛筆で

なんだかすっかり週刊化しちゃってるなあ、このブログ。
今回の3連休には、私、完全趣味のジャンルの検定試験がありまして。
えっと・・・天文宇宙検定っていうやつなんですけどね。
以前にも何度か書いてますが、僕はもともと星オタクで、
数学さえできれば理系に進んで天文学やりたかったクチなんです。
といっても「天文ガイド」を購読して、望遠鏡担いで歩いてたのはもう30年くらい前の話ですが・・・。
で、夏ぐらいにこの試験の存在を知って、受験したいと思ったわけです。
テキストも買ってみましたけど、基本的に自分の持っている知識で挑戦してみたいなと。
試験には1級〜3級のランクがあって、今回は2級と3級の試験でした。
(1級は2級をクリアしないと受験できない仕組み)
設問の対象は、もちろん宇宙についての科学的な事象から
宇宙開発・観測・探査についてや生命発生の歴史やDNAの話、ギリシャ神話などまで含まれます。
会場に行ってみると小学生からおじいちゃんまで正に老若男女が居りました。
僕のナナメ前に座っていた60代の男性なんかは、
読みまくってよれよれになったテキストにマーカー引きまくりで
ノートもがっちり作って勉強してきてまして、
テキストをざざっと読んだだけで来てしまった僕はちょっと申し訳ない気持ちになりました・・・。
最下位ランクの3級は、テキストの内容から、
そんなに苦労はしないだろうとタカをくくってたら思ったより難しかった・・・
50分で80問のマークシート方式で、15分くらい前に一通り終わったんだけど
全く自信が持てない(笑)終了時間まで何度も確認して・・・
結局、こういう問題って「知っている」か「知らない」かで決まるので
わからないからといって考え込んでみてもあまり意味は無いんだけどね。
で、1時間間があって2級の試験。これは本当に難しい。
考えて、わからない問題を飛ばして次の問題へ・・・ってやってたら
時間がどんどんなくなっていって、ヤバい状況に。
これも50分で80問、考え込んでも解ける問題ではないから
とにかくマークを塗り潰して終了時間ぎりぎりに全問解答完了。
こんな感じだったから、合格してるとはとても思えない(笑)
でも、面白かったなあ。
バンドだったらライブとかで自分の実力を見せることができたり、
他人に評価してもらえたりするけど
天文ファンってそんなこと無いわけじゃないですか。
でもこの試験で初めて自分の力を発揮し、評価されることになるわけですよ。
きっとみんな嬉しく思ってるはずです。
それに、会場になった学習院大学のキャンパスね・・・
初めて入ったんだけど、大学のキャンパスの雰囲気って結構何か共通するものがあるみたいで
すごい懐かしい気持ちになっちゃった。
まあ校舎にはエスカレーターがあったり、休講掲示板が大型液晶モニターだったり
ロビーにsubwayがあったり、僕が学生のときには考えられなかったものもたくさんあったんだけどね。
グラウンドではアメフト部が、体育館ではフェンシング部が、道場では柔道部(?)が練習していて
これもまたキャンパスっぽくていいよね。
そういうことも含めて、いい経験になりました。
[PR]
Commented by asca at 2011-10-12 02:25 x
天文宇宙検定!
そんな検定まであるんですね!
最近の検定ブームには全く付いて行けてませんwww

私も天文系の勉強は好きで、高校の理科選択では即決で地学を選びましたwww
ギリシャ神話も好きなので、12星座の神話とかは一通り読みましたけど、、、もう殆ど覚えてないだろうなぁー。。。f(^^;)
現役で勉強してた時にこんな検定が在ったら(在ったかも知れませんが)、チャレンジしてたかもです。
受かる自信は全く無いですけどねwww
Commented by CHDproduction at 2011-10-12 12:46
>asca
コメントありがとう。
実はこの検定試験、今回が1回目だったみたいよ。
俺も高校のときは理科は地学、社会は地理という
点数採りづらい超少数派の組み合わせだったから大学受験のとき苦労したわ(笑)
しかしascaも天文ファンだったとはなあ。
検定試験、次回は受験してみたらいいと思うよ!
by CHDproduction | 2011-10-11 12:07 | from Ordinary Days | Comments(2)