下仁田ライブ!

GOOD NEWS ALLENの群馬県下仁田町でのライブ、終わりました。
下仁田ネギで有名な群馬県の下仁田町で、
町の青年団がお祭りというか、イベントを企画して
昼間は共用の広場でちびっ子相撲をやったり
ご当地ヒーローのちょっとしたショウがあったり
移動動物園があったり(但しヤギとウサギのみ)で、
夜はプロレスの興行ね。
我々(GOOD NEWS ALLENと荻野 de ラ☆MARS)は
コスプレイヤーで参加したエメロードさんの伝手で声を掛けていただいて
昼ごろから4tトレーラのステージで30分ほどのライブをさせていただきました。
下仁田ってのどかで山がすごく近くてウチの田舎(釜石)と良く似てるんですわ。
野外ということで寒さを相当警戒していろいろ防寒具を持って行ったんですが
とても良い天気で、日中は寒さはほとんど感じられませんでした。
どんな機材があればいいかというのはもちろん伝えてあったけど
これまで生バンドが参加したことは無かったらしく、
イメージがこちらとうまく合ってなかったんでしょうね。
ベースアンプなどは自宅練習用くらいのものが置いてあったり(汗)
まあ、初めて呼んだのがまさかPC使って打ち込みを鳴らすような
面倒くさいバンドだったとは思わなかっただろうから(笑)無理はない。
結局KIM-SHAKEがリハの段階からPAとライブの仕切りをしてました(乙)
ベースはでかい音が出なかったもんだから(汗)
初めてPUNCH FACTORY(コンプ)のD.I.機能を使用してキャノンでPAに繋いでみました。
それで音量は問題なし。だったんだけど、
エフェクターの繋ぎ順をがらっと変えないといけなくなったから
ボードの中はもうメチャクチャ(笑)元に戻すのが大変だ…。
ライブは楽しかったですよ。天気のいい日の野外ライブって超気持ち良いんだから。

で、18時からは中学校の体育館でプロレス観戦。
ナマでプロレスは初めてだったんですけど、かなり面白かったです。
出場選手はほとんど知らないんですけど、
迫力あるし、笑いを取るところは笑わせてくれるし
魅せる部分はしっかり魅せてくれる。
故障して手術をしたばかりの佐々木健介は試合はできなかったんだけど
トークショウで見られたし、北斗晶は裏方に徹して
若手と一緒に一生懸命働くんです。なんか感動しちゃったなあ。
北斗晶って試合中はリングサイドで真剣な表情で裏方やってましたけど、
思いのほか細くて、ずっとニコニコしていてかわいかったですよ。
で、なにがおかしかったかって、ウチのボーカルのtaeが
すっかりハマってしまってですね。最終的には座席から立ち上がって見てましたから。
技が決まるたびに驚いた表情でこっちを見るもんだから、
大丈夫、わかってるからいちいちこっち見なくてもいいよって(笑)
もしかしたらそのうち週プロ読み出すかもしれんね。

そんなわけで午前中から夜の9時過ぎまで下仁田にいたわけですけど
すごく楽しかったです。
企画・主催の商工会青年部の皆さんは僕らにもとてもよくしてくださいましたし、
イベントを成功させようと一生懸命がんばってました。
僕が言うのもナンですが、こういう若手がいる町ってすごくいいですよね。
ちびっ子もたくさんいて、小学5、6年生でもちびっ子相撲に参加して楽しんでるのを見ると
ほんとに良い町だなって思います。(ウチの田舎もかつてはそんなふうだったんだけどな…)
いろいろ実りのある一日でした。ありがとうございました。

*** 今後のCHDのライブ予定 **************************
●11月24日(土) GOOD NEWS ALLEN ----------------------
KIM-SHAKEプロデュースによるイベント「The melody of GOD」
場所:四谷Doppo
チケット:¥1,800(+1D)
詳細:未定
[PR]
by CHDproduction | 2012-11-06 03:27 | playing the Bass | Comments(0)